不動産売却にともなう確定申告について解説

2021-09-13

不動産売却にともなう確定申告について解説

「不動産を売ったら確定申告が必要って本当なのかな」「大変そうなイメージだけど、誰でもできるものなのかな」このような不安を抱えている人は多くいます。
今回は、不動産売却に伴う確定申告について、書類や必要な時間はどれほどか解説していきます。
売却を検討している人や今後売りたいと考えている人、特に宗像市に住んでいる人は必見です。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却にともなう確定申告とは

確定申告とは、1月1日から12月31日までの所得を計算、翌年の申告期間に申告や納税することを指します。
不動産を売却して利益が出ることで、申告が必要になります。
また、控除や軽減税率などの特例措置を利用する場合も申告が必要になります。

不動産売却にともなう確定申告:書類

申告に関する必要なものは、税務署からもらえるものが3つ、自分で用意するものが3つです。

譲渡所得の内訳書

売却後に国税庁より郵送される書類で、金額や経費、受け取り代金などが記載されています。

分離課税用申告書

通常の給与所得の申告とは合算しないで、分離して課税するための書類です。
税務署や市役所で受け取れます。

確定申告書B様式

通常の給与所得などでも使用される書類です。
税務署や市役所で受け取れます。

不動産売却時の売買契約書

売買の契約を交わした証明ですので、写しを準備しましょう。

仲介手数料などの領収書

売買した照明になるもので、写しの準備が必要です。

売却不動産の登記簿謄本

オンライン請求が安くて便利です。

不動産売却にともなう確定申告:時間

申告期間は、毎年同じ2月16日から3月15日です。
税務署へ直接持って行く、郵送する、電子申告など申告方法は選択可能です。
申告期間を過ぎてしまうと延滞税がかかることもあるため、早めに準備が必要です。
書類集めはそれほど問題ではありませんが、記入などが難しいため時間がかかります。
時間がなくてできない、難しいのでプロに任せる場合は、税理士へ相談してみましょう。
自分でおこなう場合でも、無料相談窓口などを活用することで、スムーズに準備できます。

まとめ

不動産売却時の確定申告について、いかがでしたでしょうか。
記入などが特殊なため、難しく感じる人も多くいます。
費用は掛かりますがプロの税理士に任せるのも選択の1つですし、無料相談窓口などを上手く活用しながら自分でやるのも選択肢の1つです。
特に控除や減税措置を受ける人はかならず申請が必要なので、忘れないようにしましょう。
私たち令和地建は、宗像市を中心とした売買物件を取り扱っております。
不動産売却や購入についてご相談したいことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

Fudousan Plugin Ver.6.0.1