2020-11-17

波津の海岸で!

先日は波津の海岸でシーバスが!

磯だったのでヒラスズキかと思いきや、マルスズキの方でしたね。

秋の”釣りハイシーズン”、他にも20㎝オーバーのアジやカマス、クロなども釣れてるようなので、皆様も是非( ´∀`)♪

シーバスが釣れた場所はこちら↓

さてさて、アメリカ大統領選挙、混乱を極めております。

まず前提として、この大統領選は、まだ確定しておりません

日本のメディアは、さも確定したかのように報道しておりますが、後から結果が変わった時、恥ずかしくないんでしょうかね。

出演してコメントしてる人たちは、スポンサーの顔色や会社の方針に従わなければ、どっかの番組の女性コメンテーターのように番組降ろされてしまいますからね。

そんなことも言っておられないのでしょうけど、それにしてもマスコミの質も地に堕ちたものです。

逆にマスコミが一斉に同じことを言ってる時は、その反対だと思ってた方がちょうど良いぐらいなのかもしれません。

今騒がれてる不正選挙については、YouTubeやTwitterなどで賛否両論あるのですが、事実として、

◆アメリカ民主党と繋がりの強いドミニオン社の投票システムで疑惑が起こっている

◆親会社は、べネズエラで不正選挙をしていた(むしろそのために作られた会社)

◆内部告発があった

これらは、陰謀でもなんでもなく、事実です。

そして、不正というのは、1件でもあったらアウトです。

数の問題ではありません。

コンビニに強盗に入って、盗んだお金が百円だったからと言って、刑が軽くなるわけではないのと同じです。

この不正選挙疑惑の構造を文字で表すとややこしいので、図にまとめてみました。

不正選挙疑惑の相関図

これらが全てではありませんが、おおよそこんなもんではないでしょうか。

早い話が、民主党側に近い選挙投票システムで疑惑が持ち上がっている、ということです。

いずれにせよ、すでに裁判に持ち込まれており、最高裁まで行くにしても1月の6日までに決まらない場合は、下院の議長が大統領に、上院の議長が副大統領になることも想定されているようです。

米中の摩擦が加熱すれば台湾や日本にも影響しますし、かと言って懐柔しようと歩み寄ると、逆に利用される。

厄介な状況ではありますが、どっちがなるにしても日本としては早く憲法を改正して、自主独立への道を突き進むべきではないでしょうか。

ところで、日本の選挙は大丈夫なんでしょうかね。。

リフォーム中の宗像市の中古住宅

近々、宗像市内で中古の売家が出る予定です。

土地は300坪ほどあり、家も広く、現在フルリフォーム中(写真)です。

かなり時間がかかっておりますが、床や壁、雨漏りや屋根瓦に至るまで、補修や新品への交換でビッカビカになりますので、是非ご期待ください!

Fudousan Plugin Ver.5.9.0