令和地建株式会社
9:00-18:00
年中無休
2020年04月26日
店鋪・地域・施設のご紹介

福津市津屋崎〜ハイクオリティのお持ち帰り弁当 !

見てください!この肉と魚と野菜類、油と糖とデザートのバランスを!!

もう、文句なしです!

しかも全部手作りで、変な添加物も使ってないそうです♪( ´▽`)

もはやお持ち帰り弁当の域を完全に超えてます

まさに新型コロナのおかげ。

この騒動がなかったら、こんなお弁当にあり着くことは一生なかったであろう、クオリティの高さです!

コレが買えるお店は!?

さて、この時期、自粛モードが吹き荒れ、自粛せずに開けてる店が「闇営業」のように見られる変な風潮になってますが、私は堂々と地元の店に食べに行きます。(もちろんエチケットとしてマスクはしてます)

そこで今日は福津市の方へ出向いたのですが、なんと!お目当のお店が閉まってるじゃありませんかー!!!

お店の人に聞いたところ、やはりこの時期は「感染拡大防止のために弁当のみ」とのことでした⤵︎

この辺りに来た時はランチでよく行くこのお店、名前は「海しゃん」です!

この近辺では知ってる方も多いとは思いますが、

とりあえず、場所はこちらです。

それにしても、Googleのクチコミで平均4.3点☆って、すごいですね!

このクチコミを読んでいただくと分かりやすいと思いますが、ここの定食のレベルはかなり高いです。

もちろん、付近で取れる海鮮系が中心のお料理になりますが、付け合わせの小料理の芸がとても細かく、営業のバランスがとても良さそうな定食が出て来ます。

ランチはほぼ日替わりだと思いますが(¥1000ぐらい)、刺身系はもちろん、肉系のものが入ってたり、フライ系だったりと、行くたびに興味をそそりそうなバリエーションの豊富さがあります。

夜は、一品料理ものと日本酒、焼酎、生ビールといった感じですが、一つ一つの料理に素材と丁寧な盛り付けのこだわりが感じられる、上品で贅沢なメニューが並んでます。

このお店の持ち帰り弁当って、どんだけのものが出てくるのだろうと思って問い合わせたところ、

「できれば前日までの予約、当日だと10時までの予約」( ゚д゚)!

…というわけで、本日は諦め、送ってもらったのが上の写真です。

これ、夕飯もやってるそうなので、まずは電話してみて問い合わせみるのが良いかと思います。

この時期、

「混んでる時はスーパー行くな」

「外出もするな」

「仕事するな」

「家にいろ」

とお国がうるさいので、何より心配なのが、

         ストレスと偏った栄養バランス

です。

「海しゃん」のお弁当なら、とりあえずは文句なし、でしょう!

予約制なので混み合うこともないですし、取りに行った際、連絡すれば横の駐車場まで持って来てくれるそうです。

「安い材料で大量生産」というお店ではく、一品一品をガチで作ってるので、予約制にはなってしまいますが、その分、個数や中身も比較的柔軟に対応はしてくれると思います。

ご興味のある方は、まずは電話してみてください。

0940−52−2355

福津エール飯 ¥1000(税込)

注文時間:前日〜当日午前10時

よだれが出て来そうな料理ですが、納豆あるとさらにd(^_^o)ですね!!

ここのランチの定食、毎回思うのですが、とにかく料理のバランスが素晴らしいです。

昼はこれだけ食べてればOK!というものが、いつも全て入ってる気がします。

そんな信頼バツグンの「海しゃん」のお弁当ですので、次回はぜひ予約して食べてみたいと思います!

お店の詳細情報

普段は普通に2〜3カ月先まで予約で埋まるほどの人気店なので、ご存知の方も多いかとは多いますが、引っ越して来たばかりの方も多くいらっしゃいますので、ご紹介させて頂きました。

宗像市や福津市に住むなら、ぜひ田舎の贅沢をご満喫ください!

これからテレワークや5Gなどが浸透してくると、不動産市場も都心から地方に分散、という流れも予想されるので、店舗情報や施設の情報、これからもどんどん紹介していきたいと思ってます!

「海しゃん」

〒811-3304

福岡県福津市津屋崎6丁目1−16

0940-52-2355

この記事を書いた人
薙野 秀貴 ナギノ ヒデキ
薙野 秀貴
お釈迦様の有名なエピソードですが、ある日弟子が「良き友を得ることが聖なる道の半ばだと思えるのですが?」と訪ねたのに対し、お釈迦様は「道半ばではない、聖なる道の全てだ」と答えたそうです。ここで言う「良き友」とは、人生上で起こる様々な苦しみや悩みから解放してくれ、同時に学びや喜びを共感してくれ幸せを気づかせてくれる存在です。それは時に上司だったり部下だったり、先生だったり師匠だったり、旦那さんや奥さんであったりするかもしれません。それをお釈迦様は人生で最も尊重しうる「友」としたのですね。 インターネットやSNSの浸透で、より早く、より膨大な量の情報、そして人へのアクセスが可能になりました。 その中から種々選択する毎日に追われ、現代は、情報化社会から選択社会になったかのように感じてしまいます。 令和が始まったそんな時代、我々も不動産という仕事を通じて、皆様にとっての「良き友」に少しでも近づくことができるよう、努力して参りたいと思っております。
arrow_upward