令和地建株式会社
9:00-18:00
年中無休
2020年04月13日
政治・経済・社会・心理学その他

うわさの法則とは

先日買った雑誌の「Newton」に、面白い記事があったのでご紹介します。

タイトルは

「集団がだまされる、広まりやすいうわさの法則とは」

特に最近はインターネットやSNSで情報が溢れてますので、何がなんだか分からなくなってしまいがちです。

それはなぜなのか、について簡単に説明しますと、

まず、うわさは大きく分けて3つの種類があるそうです。

一つ目は「ゴシップ」。これは自分の身近な人や事柄について、身近な人同士で話すもの。

二つ目は「流言」。これは今まさに起こってる疫病や、他には地震、温暖化など、社会で起こってる情報に関するもの。

三つ目はいわゆる「都市伝説」。口裂け女や人面犬などのことで、最近は写真や動画の加工技術の発達とSNSの浸透で、視認的なものから参加型のもの(「きさらぎ駅」など)に変化してきました。

このうち、二つ目の「流言」について、これは社会的なものなので、広まった時に事件や騒動に発展する可能性があります。

ではどういう条件のもとでこの「流言」は広まるのかを、アメリカのゴードン・オルポートという心理学者らが、数式にまとめました。

それによる、

R:流言の広まりやすさ

i:情報の重要さ

a:証拠の曖昧さ

とすると、

                 R=i × a

だそうです。

典型的な例として、1973年に愛知県で起こった豊川信用金庫の取り付け騒ぎがあります。

この一連の流れを見てみると、

①豊川信金に就職が決まった女子高生Aを、友達のBCが「信用金庫は危ないよ」とからかう(「危ない」の意味は、強盗などの可能性のこと)

②Aはそれを真に受けて親戚Dに相談

③その親戚Dが別の人に相談

④そこに居合わせた人がそれを又聞きし、奥さんに話す

⑤主婦の間で断定的に噂が広まっていく

⑥ある人が仕事の要り用があり、豊川信金から預金を引き出すよう、電話で指示

⑦それを聞いた別の人間が、「やっぱり危ないんだ!」と感じ、慌てて自分の預金を引き出し、さらにある無線愛好家に言いふらす

⑧その無線愛好家が無線でさらに喧伝

⑨同信金窓口に預金者が殺到

⑩事態の収拾のため、同信金が出した声明がさらに曲解され、パニックに拍車が掛かる

というわけです。

最終的には本店の金庫前に高さ1m、幅5mに渡って現金が山積みされたそうですが、終盤にかけて流された流言(うわさ)として、

「利子が払えないからやはりおかしい

→実際は払い戻し処理を急ぐための措置

「銀行に立ち入り捜査が入った

→騒ぎを収めるために警察が来ただけ

そこから2次デマとして、

「職員の使い込みが原因」

「5億円を職員が持ち逃げした」

「理事長が自殺」

などが広まりました。

 

これは典型的過ぎる例ですが、騒動が大きくなった要因として、

◆当時、オイルショックによるトイレットペーパー不足など、社会不安が増加しており、デマが流れやすい下地ができていた

これをベースに

◆自己の財産(生命)に直結するリスクの高い事柄であった

⇨( i )

◆騒動の数年前、実際に付近の金融機関が破綻していたため、金融機関が発表する情報に対する信用が失われていた

⇨( a )

下地がある上で、i  も  a  も大きかったため   R(流言)が広まった、というわけです。

今に当てはめてみると

このようにみると、

①下地があること

②重大性が高いこと

③証拠が曖昧なこと

この3要素が必要になります。(必要になるという言い方もどうかと思いますが…)

今に当てはめてみると、

①緊縮財政による長引くデフレと格差拡大、経済疲弊

②肺炎になると呼吸も苦しく、命に関わる

③GDPデータの元データすり替え、公文書改ざん、偏向報道

③については、検査キットが不足してるだのしてないだので「感染者数、回復者数、死亡数及びそれらの率」の確固たる証拠が曖昧になっています。

これらが出揃い、

「人工的に作られた」「自然発生的なもの」

「致死率が高い」「致死率はインフルエンザ並み」

「マスクは効かない」「手洗いの方が重要」

「食糧危機が起こる」「スーパーから食べ物がなくなる」

「感染すると息が苦しくなる」「感染しても8割は症状が軽い」

「ウイルスの種類が世界で異なる」「変異している」

「人口削減を狙っている」「米が中に仕掛けた」「ビルゲイツが〜などなど

様々な「流言」が伝言ゲーム的に飛び交う事態となっているわけです。

ただ、そういった中で、改めてこの機会に分かったこともあります。

それは、

・よく言われる「インフルエンザ対策(マスク、うがい、手洗い)」は効果的であること

・日本の首脳陣はとっさの災害(人災含め)に弱いこと

・様々な業種(仕事)があるから、世の中が楽しいこと

何より、「人間は人種が違っても根っこは同じであること」ではないでしょうか。

最後に

「うわさ」は、時には命を脅かしたり、生活に直結するような不自由をきたしたり、また時には「都市伝説」としてエンタメにもなりえる事があります。

「うわさ」だからとバカにすることもできなければ、「うわさ」だからと過剰反応すると、それが社会に悪影響を及ぼすこともあります。

そのような大きな「うわさ」には、ある法則があるのです。

重大性曖昧さが、掛け算となって膨らんでいく、その危険性を理解するだけで、自分がその被害者にならないよう、冷静に社会をみる目が養えるのではないでしょうか。

 

先日とあるサイトのコメント欄で、三重県の状況が書かれておりました。

内容は、「三重県の某飲食店が、客足が遠のく中、頑張っている」というようなものでしたが、それに対し、みなさんの応援メッセージが、

「もう少しなので頑張ってください」

「収束したら食べに行きますねー」

「次回仕事で三重に行くので、是非寄らせていただきます!」

「松阪牛を久しぶりに食べに行こう!」

「中国がパクった松坂牛と間違えないようにしてくださいね!」

などのとても温かいメッセージがたくさん書かれてました。

でも実はこれ、日本だけじゃなく、世界で起こってるそうなんです。

 

人類の未知のものとの戦いの中で、未知のうわさが飛び交う中、こういうお話し、ちょっと嬉しいですね。

この記事を書いた人
薙野 秀貴 ナギノ ヒデキ
薙野 秀貴
お釈迦様の有名なエピソードですが、ある日弟子が「良き友を得ることが聖なる道の半ばだと思えるのですが?」と訪ねたのに対し、お釈迦様は「道半ばではない、聖なる道の全てだ」と答えたそうです。ここで言う「良き友」とは、人生上で起こる様々な苦しみや悩みから解放してくれ、同時に学びや喜びを共感してくれ幸せを気づかせてくれる存在です。それは時に上司だったり部下だったり、先生だったり師匠だったり、旦那さんや奥さんであったりするかもしれません。それをお釈迦様は人生で最も尊重しうる「友」としたのですね。 インターネットやSNSの浸透で、より早く、より膨大な量の情報、そして人へのアクセスが可能になりました。 その中から種々選択する毎日に追われ、現代は、情報化社会から選択社会になったかのように感じてしまいます。 令和が始まったそんな時代、我々も不動産という仕事を通じて、皆様にとっての「良き友」に少しでも近づくことができるよう、努力して参りたいと思っております。
arrow_upward