令和地建株式会社
9:00-18:00
年中無休
2020年04月12日
本日のコラム

世界中で同じことが

先日ラジオで、ある医者が、

「予防には入念な手洗いと顔を触らないこと。人混みではマスクを!

と呼びかけておりましたが、もう何回も同じことを聴いてますので、逆に耳に入って来なくなってきてる気もする、今日この頃ですが…

インフルエンザによる死者数は、2019年のピーク時で、ひと月に1685人。一日54人

肺炎による死者数は、2019年、年間で12万人。一日に328人

新型コロナウイルスによる死者、合計で132人(4/12現在)。一日2人ほど。

もちろん、軽視してるわけではありません!

ただ、経済をほぼ完全に止める必要まであるんでしょうかね

ほぼ全業種に自粛要請だしておいて助成金も出さず、

かと言って、国民に現金給付金も出さずに、消費税もそのままにして。

ほんとに疑問です。

ちなみに、「新型コロナウイルスが原因で死亡した」と断定できてるのは一部だそうです。

理由として、死因は「ウイルス性肺炎」によるものですが、それが新型なのか旧型なのか、特定しないまま外気から遮断する「非透過性納体袋」に入れ火葬するよう、遺族に依頼するためだそうです。

なので、もっと多いのかもしれませんが、それが新型コロナによるものなのかも不明です。不明なことが多いので、さらにまた恐怖に陥ってパニックを起こしてる、という悪循環です。

 

【「われわれは働きたい」 ブラジルで隔離反対デモ 新型コロナ」】

新型コロナの感染者2万人以上、死者が1000人を超えているブラジルではサンパウロをはじめ、ほとんどの州で商業活動が停止。市民は外出自粛を求められている。経済への打撃は深刻化しており、国内企業の99%を占める零細・小企業の3割は1カ月で事業閉鎖に追い込まれるとの調査がある。(時事通信社より)

記事の写真を見て頂くと分かるのですが、夜なのにみんなTシャツなんですよね。

この時期のブラジルは、日本の6月ぐらいの気温です。

平均で21〜22℃、最高気温は27〜28℃。最低でも18℃。

つまり、気温はあまり関係ないようです(・_・)

夏まで続くのでしょうか、それとも収束していくのでしょうか。

ここのところ外国人観光客や外国人労働者に頼る政策ばかりやってきた安倍政権ですが、その裏では日本人の実質賃金の低下、大企業の内部留保は過去最大級にまで膨れ上がりました。

これはとても簡単な理屈でございまして、小泉政権以降、

アルバイトを増やして人件費削減

大企業の純利益を膨らます

株主(7割は外国人投資家)大喜び!

投資が増える(株買い増し)

株価吊り上げ!

日本も年金や郵貯使って株に投資!(ETFやGPIF)

さらに株価吊り上げ!

株主(7割は外国人投資家)大喜び!

輸出企業も大喜び!

そしてそして…

トリクルダウン!!!!!

のはずが、全く見当はずれ、だったわけです。

輸出企業はどんだけ儲けても海外で売ったものに関しては消費税は還付されて戻ってきます。さらに、子会社作るなどして社内で株の移管などして欠損を出して税金逃れ。

一応は合法なのですが、2018年、ソフトバンクグループは1兆円の利益を出しながら、法人税は払ってないそうですだから私は応援する気も失くすのですが…

個人的には、これが消費増税の原因だと思ってます。

よく財務省が〜という意見を聞きますが、経済産業省も大きく関わってるはずです。

なんにせよ、格差拡大、若者の貧困化がますます進んで、仕事を求めて東京に行く人もますます増加!地方の疲弊は進んでく中で、トドメの消費税10%!!あーもう終わったかー!!となってたところに、新型コロナ(°▽°);;

このウイルスそのものの影響より、経済に与える悪影響で亡くなられる方の方が多くなるのではないでしょうか。

【テリー伊藤 コロナで家賃60万円の店を休業、不動産業者に相談「“敷金礼金それ使って下さい”って…」】

(前略)「実は僕、不動産屋さんに掛け合いました。“だったらあなた、敷金礼金それ使って下さい”って言ったんですよ。全く家賃を減らす気はありません。東京都も実はそうで豊洲、うちは実家はたまご焼きやってますけど、家賃全然下がりません。これね、太蔵さんの言ってる気持ちは分かりますけど全く現実は違うって部分がある」と指摘した。(スポニチ)

ちなみに、借主側から貸主に対し滞納家賃を敷金から充当させる旨を主張することは、できません。貸主側から充当することはできます。

家賃というのは、貸主側からしても簡単には下げることができません。

仮に、その部屋(店舗)だけに限れば下げる余地があったとしても、他も一律に下げなければならなくなるので、それをやった途端、ショートします。

貸す側というのは、空室時や補修費用も想定してますので、なかなか借主側の相談に応じることが厳しいんですね。

とはいえ、個別物件などでは、全く余地がないわけでもないので、一概には言えませんが。。

【コロナショックで住宅ローン返済に困ったら?】

<日本住宅ローンプランニング編集部>

住宅ローンについても救済措置はあるようで、以下の条件の全てを満たせば、返済特例(返済期間の延長など)を受けれるそうです。

<条件>

1.離職や病気等の事情により返済が困難となっている方

2.以下の収入基準のいずれかを満たす方

・年収が機構への年間総返済額の4倍以下

・月収が世帯人数×64,000円以下

・住宅ローン(機構に加え、民間等の住宅ローンを含む。)の年間総返済額の年収に対する割合(以下「返済負担率」という。)が、年収に応じて下表の率を超える方で、収入減少割合が20%以上。

3.返済方法の変更により、今後の返済を継続できる方

他にも、一定期間返済額を減らしたり(中ゆとり)、ボーナス返済の額を減らす、あるいは無くしたりするなどの措置(ボーナス返済の見直し)もあるようですので、手続きについて等、詳しくはこちらをご覧ください。

思わぬところから

世界各地で、マスクやペーパー類の買い占めが起こってるようで、外出規制も徐々に強まっており、イタリアでは罰金、イギリスやフランスも罰則の強化を進めてるようです。

日本では、「7〜8割減を目指す」としてますが、結局スーパーやコンビニに集まれば、同じじゃないかと思ってしまいますが、いかがでしょうか。

この数字の根拠は、

60%外出が無くなっても、感染拡大が止まらない

65%で現状維持

だから70%以上の外出自粛、ということだそうです。

まさかのまさか、2020年、数十年に一度の新型ウイルスの蔓延があるとは、誰も想像してなかっとと思いますが(一部では色々囁かれますが)、今、世界中の人が同じ行動を取ってます。

おそらく同じような気分でしょう。対策はまちまちですが…

思わぬところで世界が一つになってしまいましたが、これをきっかけに戦争や飢餓などが起きないよう、逆にいい意味で協力し合って、行き過ぎたグローバリズムが改善されると良いですね。我が国も。

 

arrow_upward