令和地建株式会社
9:00-18:00
年中無休
2020年04月06日
本日のコラム

もらって嬉しいクーポン券

「飲食業や観光業に2兆円の支援を検討」

緊急事態宣言より、このニュースが気になったのですが。

業種を特定して自粛を要請したり支援をするのは、国民が分断化されるのであまり好ましくないと思います。

飲食業と観光業は直接打撃を受けたのは分かりますが、経済というのは循環してますので、直接だろうが間接だろうが、衝撃は一様に受けます。

何らかの忖度があったのか、裏のことまでは分かりませんが、その支援の内容はというと、出ました、クーポン券(笑)

何でしょうね、これ

財務省の意見なのでしょうか。

東大は、クーポン券が流行ってるのでしょうか。

なぜゆえに、クーポン券が出てくるのか、全く理解に苦しみます。

そのクーポン券を使ってまで行く余裕も時間も無い、のが現状でしょうに。

それも理解できてないのか、クーポン券でよほど美味しい目に遭ったことがあるのか。

クーポン券製造業者と関係があるのか、さすがに、本当に経済効果があると思ってるわけでは無いと思いますが、仮にクーポン券の効果があるとしても、それは騒動が終わった後、でしょう。

今は人が集まりそうなところに行くこと自体、国民みんなが自粛してて、飲み会すら憚られるような状況なのに、そこにクーポン券配っても、効果はゼロでしょう。

もし私がもらえたなら、食事代が浮くなどの理由もあるので、人目を忍んでサクッと行ってサクッと帰ります。

また、「一世帯30万円給付」についても、内容は、

①個人ではなく、世帯に支給

②新型コロナウイルスの影響で収入が減っていることが条件

③証明する書類の提出が必要

④年収による所得制限はないが、減った後の月収が一定水準を上回る世帯は除外

⑤非課税

⑥自己申告制で、窓口は市町村

だそうです。

やらないよりはいいんですが、「お金をあげたくない」感丸出しですよね。

自分たちの給料はがっぽり確保しといて。

これだけケチ感を出してしまうと、反感買うだけで、もらえない人ともらえる人の差別感も出て、マイナス効果な気がします。

東日本大震災時の「¥12,000給付」が効かなかった、ことが理由だそうですが、そりゃそうだと思います。

役所に行って、書類不備もあったら何度か足を運んで、その時間と交通費と手間を考えたら、¥12,000なら、仕事休んでまでもらいに行くような額じゃない、と思われた方が多かったんじゃないでしょうか。

とにかくケチで遅い。

新型コロナより、日本の政府にびっくりしますね。

都内のタクシー業者は、売上が一部で7割減だそうです。

飲食は8〜9割減。

中洲の飲食店も、すでに200店舗廃業だそうです。

同じクーポン券でも、日銀が発行する日本銀行券というクーポン券なら、いくらでも発行してもらいたいものですが…

こちらのホームページでも、なるだけもらえるものはもらえるように、色々情報を出してますが、手続きが煩雑なのと、小出しにしてくるので分かりづらく、正確な情報がどこまで出せてるか不明な部分もありますが、実際に役所に相談するなり、行くなりして調べて参りますので、少々お待ちください。

さて、最後に不動産情報。

近々、宗像市自由ヶ丘宗像市平井に、売地が2つ出ます。

今日はその調査と撮影に行って参りますので、お楽しみに♫

それでは

この記事を書いた人
薙野 秀貴 ナギノ ヒデキ
薙野 秀貴
お釈迦様の有名なエピソードですが、ある日弟子が「良き友を得ることが聖なる道の半ばだと思えるのですが?」と訪ねたのに対し、お釈迦様は「道半ばではない、聖なる道の全てだ」と答えたそうです。ここで言う「良き友」とは、人生上で起こる様々な苦しみや悩みから解放してくれ、同時に学びや喜びを共感してくれ幸せを気づかせてくれる存在です。それは時に上司だったり部下だったり、先生だったり師匠だったり、旦那さんや奥さんであったりするかもしれません。それをお釈迦様は人生で最も尊重しうる「友」としたのですね。 インターネットやSNSの浸透で、より早く、より膨大な量の情報、そして人へのアクセスが可能になりました。 その中から種々選択する毎日に追われ、現代は、情報化社会から選択社会になったかのように感じてしまいます。 令和が始まったそんな時代、我々も不動産という仕事を通じて、皆様にとっての「良き友」に少しでも近づくことができるよう、努力して参りたいと思っております。
arrow_upward