令和地建株式会社
9:00-18:00
年中無休
2020年02月28日
政治・経済・社会・心理学その他

九州移住計画

東京圏への一極集中に歯止めがかかっておらず、未だに転入超過は勢いを増すばかり。2019年は前の年を9000人上回る、14万8783人が転入超過とのことです。理由としては単純に、①インフラが整っている②仕事がある(ありそう)③省官庁が揃ってる④本社が多い⑤楽しそう⑥便利⑦行事が多い⑧結婚できそう⑨一度行ってみたい等々、⑤以降は私の私感も含んでおりますが、このようなものが挙げられるでしょう。

そんな中、5大都市圏以外で転入超過となったのが、滋賀県と沖縄県です。滋賀県は前年に続いて2年連続。沖縄県も最近何かと話題で、東京都民(転入者ではない都民)への移住先アンケートでは、

1位 沖縄県

2位 特になし

3位 福岡県

のようになっているようです。

そこで本日は、ここ最近ずっと転入超過が続いてます「福岡県」への移住をご検討されてる方へ、福岡県内での人気市町村をご紹介いたします。

そもそも福岡県の印象としては「そこそこ都会で仕事もありそうだから」や「交通や施設が凝縮されていて、便利」「ご飯が美味しい」などがあるようです。

実際はどうでしょうか。人気市町村3つに絞って解説いたします。

福岡県内で人口が増えてる市町村ベスト3

1位はダントツで新宮町です。一頃は全国でも1位になってたほど、人口流入数が多い町ですが、理由としては

・福岡市内へのアクセスが良い

・国道3号線沿いにIKEAや大型ショッピングモールが立ち並ぶ

・商業施設と住宅地域の距離感が良い

・海も山も近い

 

他にも魅力たくさん!

その他にも、福岡市のベッドタウン、筑紫野市や大野城市もとても魅力ありますし、内陸に入ると飯塚市や田川市もショッピングモールや飲食店が多く、行橋市も瀬戸内海が間近で新鮮な魚も年中豊富に獲れてます。北九州市も最近は街が綺麗に整備され、昔の北九州市とは見違えるほど素敵な街になってます。

もともと炭鉱だった市町村や、八幡製鉄所で栄えた街などが所々にあり、県内を車で回ってると年代が下がったり上がったりのジェットコースター、シャッター商店街があったかと思えば新興住宅地は土地の値段爆上がり、こうしてみると、それぞれ各都市の個性が強い街、それが福岡なのではないでしょうか。

よくコンパクトシティと言われることがありますが、それは福岡市内のことであり福岡の一部です。福岡県内全域で見れば、見所たくさん、美味しい店たくさん、昔の景色や自然にも囲まれつつ、都会の雰囲気も味わえる、そんな県だと思います。

日本全国、そのような場所はたくさんあるかとは思いますが、本日は転入超過という視点で見て、3位の福岡県の魅力と人口が特に増えている3市町村について、簡単に解説いたしました。

福岡県への移住をご検討の方に、少しでもご参考になれば幸いです。

それでは。

 

この記事を書いた人
薙野 秀貴 ナギノ ヒデキ
薙野 秀貴
お釈迦様の有名なエピソードですが、ある日弟子が「良き友を得ることが聖なる道の半ばだと思えるのですが?」と訪ねたのに対し、お釈迦様は「道半ばではない、聖なる道の全てだ」と答えたそうです。ここで言う「良き友」とは、人生上で起こる様々な苦しみや悩みから解放してくれ、同時に学びや喜びを共感してくれ幸せを気づかせてくれる存在です。それは時に上司だったり部下だったり、先生だったり師匠だったり、旦那さんや奥さんであったりするかもしれません。それをお釈迦様は人生で最も尊重しうる「友」としたのですね。 インターネットやSNSの浸透で、より早く、より膨大な量の情報、そして人へのアクセスが可能になりました。 その中から種々選択する毎日に追われ、現代は、情報化社会から選択社会になったかのように感じてしまいます。 令和が始まったそんな時代、我々も不動産という仕事を通じて、皆様にとっての「良き友」に少しでも近づくことができるよう、努力して参りたいと思っております。
arrow_upward