令和地建株式会社
9:00-18:00
年中無休
2020年02月25日
政治・経済・社会・心理学その他

感染予防にご注意を!

広まっております、「新型コロナウイルス」。中国の武漢では、昨年11月から感染の症状が出ていたらしく、その後12月に中国当局が本格的に介入、日本では私の記憶では1月の中旬頃から騒がれ始めました。とはいえまだその頃はそんなに大きなニュースにはなっておらず、2月に入ってから徐々に感染者やお亡くなりになる方が増えて行き、日本での感染者が確認され始めるとともに、ニュースでの扱われ方が大きくなった、というのがここまでの流れではないでしょうか。

その予防方法につきましても、最初は「マスクと手洗いを!」だったのが、「マスクは効かない」だとか、「お湯を飲むといい」だとか、色々言われてきましたが、何せ、感染者による具体的な感染経路がはっきりしていないので、いわゆる「エアロゾル感染」だと仮定してその対策が呼びかけられてる、というのが現実のようです。

2月の初旬ごろには宗像市福津市の薬局でもマスクが売り切れ始め、インターネット上では高く転売してる業者なども現れ、社会問題になってました。(今でも!?でしょうか)

経済面で言いますと、与える影響はかなり大きく、中国をサプライチェーンとした国はもちろん、観光産業も大打撃。日本政府もここ数年、国策のように「外国人観光客4千万人を目標に!」などとやっていたため、もちろん大打撃。それを見越してか、ダイヤモンドプリンセス号での対策も後手後手となり、国内での感染も広まりつつあるのが現状です。

本格的な対策に!

ようやく政府による基本的な対策指針も作られたようで、これから先、どのような感染の広がりを見せるのか、または食い止めるのか、アビガンの処方と効用、もしくは自然と収まるのかは見守るしかないのですが、一市民としてはできる限りの対策をする以外、どうしようもありません。

福岡市内でも各種行事や催し物、ちょっとした習い事まで中止になってるようで、今後は相撲(大阪)やプロ野球の開催なども検討されているようです。

それを言い出したら満員電車が一番危険なのでは!?とも思うのですが(密着性が高いため)、相手が見えない”ウイルス”なので、何にしても「予防」しかありません。

コロナだけではないので

千葉県は、県内でこれまで新型コロナウイルスを発症した人のうちの3人が、千葉・市川市の同じスポーツジム「エースアクシスコア市川店」を利用していたと発表した。

千葉県は、このスポーツジムを利用していたおよそ600人を濃厚接触者として、今後、健康観察などを実施していくという。

「エースアクシスコア市川店」は、3月3日まで臨時休館するとしている。(フジテレビ)

先日、「効率の良い筋トレ」の記事で、市民体育館のような場所に付属しているジムをオススメしてましたが、千葉県ではしばらくの間臨時休館となってしまいました。

もちろんパニックになる必要はありませんが、自分にできる予防方法として、

・なるだけ人混みは避ける

・マスクをする際は「鼻部分の隙間を潰す」

・手洗いは丁寧に時間をかけて

などは、最低限、心がけておいた方が良いかもしれません。

つい忘れてしまいますが、インフルエンザや普通の風邪、でも、拗らせれば十分危険ですので。

 

この記事を書いた人
薙野 秀貴 ナギノ ヒデキ
薙野 秀貴
お釈迦様の有名なエピソードですが、ある日弟子が「良き友を得ることが聖なる道の半ばだと思えるのですが?」と訪ねたのに対し、お釈迦様は「道半ばではない、聖なる道の全てだ」と答えたそうです。ここで言う「良き友」とは、人生上で起こる様々な苦しみや悩みから解放してくれ、同時に学びや喜びを共感してくれ幸せを気づかせてくれる存在です。それは時に上司だったり部下だったり、先生だったり師匠だったり、旦那さんや奥さんであったりするかもしれません。それをお釈迦様は人生で最も尊重しうる「友」としたのですね。 インターネットやSNSの浸透で、より早く、より膨大な量の情報、そして人へのアクセスが可能になりました。 その中から種々選択する毎日に追われ、現代は、情報化社会から選択社会になったかのように感じてしまいます。 令和が始まったそんな時代、我々も不動産という仕事を通じて、皆様にとっての「良き友」に少しでも近づくことができるよう、努力して参りたいと思っております。
arrow_upward