令和地建株式会社
9:00-18:00
年中無休
2020年12月12日
本日のコラム

鬼滅の刃を読み終えて

やっと全巻読み終えました、「鬼滅の刃」。

今月初旬に最終巻の23巻が出ておりまして、映画の「無限列車編」からの続きを、コミック本の方で全部読ませていただきました。

久しぶりのアニメ、漫画本だったのですが、「大人が見ても面白い」と評判だったので、最初はAmazon PrimeのアニメからSTARTしました。

順序としてアニメから入ったこともあり、声優さんや世界観のようなものが予めインプットされた状態で、映画「無限列車編」後のコミック本を読んだので、イメージも湧きやすく、よりリアルに読めたのではないかと思います。

「アニメから入る」のも、是非オススメです。

ネタバレになるのであまり多くは語れませんが、名言や名シーン、たくさんありますね。

主人公の竈門炭治郎を中心に仲間が集い、「鬼」と戦っていくストーリー。

「鬼」にも過去があり、事情があり、見方によっては同情してしまう部分もあるのですが、人間社会的には正義に反する存在なので、あくまでも悪役であることが前提。

正義の側は「仲間を大切にして、力を合わせて悪に立ち向かう」という、よくあると言えばよくありがちな展開なのではないかと思います。

そしてこの悪役の「鬼」が、人それぞれ、色んなものに例えて見えてくるんですね。

例えば、主人公がイジメられっ子であれば、鬼はイジメっ子であったり、仕事をされてる方であれば鬼はライバル企業であったり、日常生活を送ってる人々に対して襲ってくる自然災害であったり、国単位であれば鬼はどこか他の国になるのでしょうどことは言いませんが

要は、現実世界で日頃、もしくは過去のどこかで、誰もが一度は経験したような体験と重ねて見ることができるので、こういう系の作品は共感されやすく、ウケるんでしょうね。

私は個人的には、鬼が「ロシア革命後から世界に蔓延る共産主義者」にしか見えなかったのですが、 人それぞれ、置かれた環境や現実世界の出来事、関心事により作品の世界観は異なって見えるでしょう。

正解はどれということはなく、それぞれ、で良いと思います。

世の中は必ず正義が勝つようにできているのか、悪の定義はなんなのか、正義と悪の境界ってあるのか、単純に「正義 vs 悪」の図式で見た時、自分を必ず正義の側に置いていないか、実は自分は「悪」の側にいることに気づいてないことはないか、等々、考えさせられるシーンは数多く出てきます。

その他、家族のことや、幸せとは、思いやりとは、想いとは、についても深く考えさせられる場面がたくさんあり、少年ジャンプの連載だから子供向け、と単純に割り切れない内容になってるかと思います。

ちなみに作者の方は、福岡の方だそうですが、太宰府市にある宝満宮竈門神社と何か関係があるんじゃないかと、噂されてるようです。

ファンの間では発祥の地として聖地巡礼されてるようですが、この宝満宮竈門神社自体が元々、太宰府庁の鬼門除けとしてお祀りされたものだそうです。

鬼門とは北東の方向ですが、確かに旧太宰府庁から見て、鬼門の方向にあるのが分かります。

鬼除けの神社という部分、確かに作品と重なりますね。

そしてこの神社、修験者が厳しい修行をする場でもあるそうなので、その関係性は興味をくすぐられるところではありますが、同じ「竈門神社」と名の付く神社は、筑後市の「溝口竈門神社」と別府市の「八幡竈門神社」があるようです。

それぞれの「竈門神社」に、「鬼滅の刃」の作中に出てくる事柄と重なる部分が多いらしく、ファンの間では3つの神社全てを訪れる、という方も多いようです。

何れにしてもこれを機にお参りをして、心身ともにリセットされるといいですね。

コミック本は全部で23巻。

公開されてるアニメはコミック本の1〜7巻途中までで、そこから映画の「無限列車編」でコミック本の8巻途中まで進みます。

8巻途中以降は、コミック本のみでしか観ることができませんので、まだの方は是非!

子供から大人まで楽しめて、人間の闇の部分から光の部分まで、社会の皮肉から道徳の在り方、教育に至るまで、とても考えさせられるシーンの多い作品です!

❇︎残酷なシーンも多く、映画ではR12となってますのでご注意ください

この記事を書いた人
薙野 秀貴 ナギノ ヒデキ
薙野 秀貴
お釈迦様の有名なエピソードですが、ある日弟子が「良き友を得ることが聖なる道の半ばだと思えるのですが?」と訪ねたのに対し、お釈迦様は「道半ばではない、聖なる道の全てだ」と答えたそうです。ここで言う「良き友」とは、人生上で起こる様々な苦しみや悩みから解放してくれ、同時に学びや喜びを共感してくれ幸せを気づかせてくれる存在です。それは時に上司だったり部下だったり、先生だったり師匠だったり、旦那さんや奥さんであったりするかもしれません。それをお釈迦様は人生で最も尊重しうる「友」としたのですね。 インターネットやSNSの浸透で、より早く、より膨大な量の情報、そして人へのアクセスが可能になりました。 その中から種々選択する毎日に追われ、現代は、情報化社会から選択社会になったかのように感じてしまいます。 令和が始まったそんな時代、我々も不動産という仕事を通じて、皆様にとっての「良き友」に少しでも近づくことができるよう、努力して参りたいと思っております。
arrow_upward