令和地建株式会社
9:00-18:00
年中無休
2020年11月22日
店鋪・地域・施設のご紹介

ほんとうのサングラスに出会えるお店

サングラスは、夏の日差しの強い時はもちろん、雨の日の車の運転時などでとても重宝してるかと思います。

目から紫外線が入ると、脳に対して「メラニンを作れ」と指令がなされ、それが原因で体全体も日焼けする事も分かっております。

また、その紫外線自体は疲れの原因にもなると言われているため、海外の日差しの強い国や、もともとメラニン色素が薄い人種の国などでは、サングラスは常用品となっています。

そんなサングラスも最近では数百円で売っていたり、高いものでは数十万円するようなブランド物まで、多種に及びますので、何を買っていいのか分からなくなってしまいますよね。

顔の輪郭や見え方、目への影響も考えると、何が何やら分からなくり、「とりあえず紫外線がカットされてればいいやー」となってる方も多いかと思います。

そこで今日は私が特にオススメするサングラスメーカーと、サングラスショップをご紹介したいと思います。

マプシービジョン

福岡市東区の三苫にあるサングラスのプロショップ、もちろんメガネの専門店でもあるこちらのお店。

何がオススメかというと、オーナー自体がマリンスポーツや釣り、ロード系スポーツ(バイク、自転車)をされてるので、こちらの要望や気持ちがとても伝わりやすいのです。

一度行って話してみるとお分かり頂けると思いますが、微妙な悩みやレンズについての相談なども、時間も気にせず、こと細かく教えてくれます。

メガネの専門店でもあるので、もちろんメガネそのものや、度入りのサングラスなども対応可能。

それぞれの輪郭や好みに合ったものを徹底的に比較して、見え方や目への負担の違いなども丁寧に説明してくれますよ!

場所はこちら↓

驚異の視界! TALEXのサングラス!

さて、「理想的なサングラス」と言っても人それぞれ、用途や好みにより異なると思いますので、本日は特に以下の点で優れたサングラスのブランドをご紹介いたします。

①紫外線カット率と偏光度が高いが、かと言って視界は明るい

②車の運転、釣り、バイク、自転車、ゴルフ、登山などで特に大活躍

③ファンション性も高い

④金額は3万円前後〜

これだけ揃えば十分かと思いますが、早速説明してきましょう。

①は、特に重視しております。

紫外線や反射光、雑光をいくらカットしてくれても、肝心の視界が暗くなってしまっては、逆に見づらくなってしまいます。

外が少し暗くなると、外さないといけなくなるので、レンズ自体は明るいに越したことはありませんよね。

TALEXのサングラスは、トンネルの中でも付けたまま走行できるほど明るく、私は夜でも、雨の日など、反射光が危険な時はかけてます。

もちろん、この辺りは個人差がありますので、お店で色々お試しになられてみると良いと思います。

②については、①でも説明した通り、視界が明るいので、色々な用途で利用できます。

特に、海や池で水面を見たときは驚きます。

ちなみに私、昔、ブラックバスを釣りに行った際、水中のブラックバスが丸見えで、ちょっと悪いことでもしてるかのような気になったのを覚えてます。

③については、特に重要視する方も多いでしょうけど、ご安心ください。

店内にも色々な種類のフレームがありますが、こちらのお店、自分の気に入ってるサングラス(メガネ)のフレームだけを持っていけば、レンズだけTALEXに替えてくれます

ここポイントで、こういう特殊な機能がついている偏光レンズは、歪が出たり、見え方に微妙な変化が出たりするのですが、このTALEXは、色々なフレームでカスタムすることができます

私も私物で一点、自前のサングラスを持ち込んで、レンズだけ替えてもらいましたが、普段からかけ慣れてるサングラスだったので、もちろんフィット感も問題なし。

ただ、全てがカスタムできるわけではないので、実際にお店に持ち込んで、事前に相談されると良いと思います

④について、金額は「少々高い」と思われた方、実際に買ってみると分かりますが、他のサングラスがかけれなくなるほど、見え方がバツグンにいいので、数千円のものをいくつも買うよりは、実際には安いと思います。

高いレンズは、それなりにカットする光の種類も豊富になるので、目には当然優しくなります。

目の疲れにも断然効果が期待できますので、そう考えると決して高い買い物ではないと思いますよ!

TALEXについて、詳しくはこちら↓

私物のサングラスをご紹介

参考までに、私の私物のサングラスをご紹介します。

1つ目は、主に車を運転する際に使ってます。

軽くて、顔と頭周りにフィットするので、付けてることよく忘れてしまやつは、コレです。

視界も明るく、トンネルもかけたまま入れます。

夜の雨で、フロンガラスが反射する際も重宝してます。

2つ目はオークリーのフレームに付いてるものです。

日差しの強い時などのアウトドアで使うことが多いので、明るさは若干落ちますが、その分、カット率が高いレンズになります。

3つ目は、もともと持っていたサングラスに、TALEXのレンズをはめてもらったカスタムです。

縁部分も全く違和感なく、作ってもらいました。

実は、この3つ目、昔からよく使ってたサングラスだったのですが、レンズが安いもので偏向も全く入ってなかったので、今回、TALEXに替えてもらいました

色は、Standardの「TRUEVIEW SPORTS」。

1つ目と同じですが、こちらは私用で使うことが多く、向こうから目が丸見えになるのを防ぐために、表面に若干ミラーをかけてもらいました

ここもポイントで、サングラスというのは、向こうから目が丸見えだと、用途によってはダサくなることがあります。

逆に、見えた方が良い場合もあります。

このように、用途によっては、ミラーをかけることにより、”丸見え”を防ぐことができ、同時に明るさも保てるので、明るいのにカット率が高く、見た目もいい、といういいとこ取りが可能になるのです。

この辺りも、店内にたくさんミラーレンズが置いてあるので、試しにかけてみて、同時に外からの見た目も確認すると良いでしょう。

ただ、ミラーや度入りなどのレンズは、プラス料金がかかるので、事前に金額を確認してくださいね!

その他のメーカーも

専門店なので、取り扱っているメーカーは豊富にあります。

ただ、それぞれ特徴が微妙に違うんですね。

オーナーさんに聞くと詳しく教えてくれますが、

こちらは偏向が弱いが、紫外線カットが高い

とか、

フレームだけ残して、レンズだけTALEXに替えましょう

とか、

予算を抑えつつ、紫外線カットと度入りのものであれば、こちらのメーカーの云々〜

こんな感じです。

プロショップといっても、お客さんは主に素人なので、こちらのニーズを隅々まで聞いてもらい、その人に合ったベストなものを選んでくれます。

ただ、選択肢は絞ってくれますが、最後に決めるのはもちろんご自分です

相談に行く前に、どういう用途で使いたいかだけは明確にしておくと、話しがスムーズに行って良いと思われます。

最後に

私は中学生の頃からサングラスをかけてますが、顔の輪郭のせいか、なかなかコレといった物に出会えず、逆に気に入ったものがあるとすぐに買ってしまいます。

それでも年齢や用途によって、好みも変わったりしてきたのですが、今では主に運転の時に重宝します。

特に、トンネル時。

そもそも、このマプシーさんを見つけたのは、それがきっかけでした。

運転中、付けたり外したりするのは大変危険で、できることなら付けっぱなしにできないものかと相談したのが、最初でした。

そこで勧められたのが、先ほどもご紹介したTALEXのレンズ。

車のフロンガラスの反射などで、通行人が遮られたりして一瞬ドキッとすることがあったりしますが、このサングラスをしているととても安心できます。

それでいて、視界が明るいので、トンネルや夕方の時間帯でも付けっぱなし。

不動産の取引などで、銀行の中にそのまま入ってしまうことも、よくあります。

顔と頭にぴったりのつけ心地で、余分な雑光もカットしてくれる理想的なサングラスをお探しの方、是非こちらのお店、行かれてみてはいかがでしょうか。

サングラスで長年お悩みの方、ようやく決着がつくかも!?ですよ^ ^!

この記事を書いた人
薙野 秀貴 ナギノ ヒデキ
薙野 秀貴
お釈迦様の有名なエピソードですが、ある日弟子が「良き友を得ることが聖なる道の半ばだと思えるのですが?」と訪ねたのに対し、お釈迦様は「道半ばではない、聖なる道の全てだ」と答えたそうです。ここで言う「良き友」とは、人生上で起こる様々な苦しみや悩みから解放してくれ、同時に学びや喜びを共感してくれ幸せを気づかせてくれる存在です。それは時に上司だったり部下だったり、先生だったり師匠だったり、旦那さんや奥さんであったりするかもしれません。それをお釈迦様は人生で最も尊重しうる「友」としたのですね。 インターネットやSNSの浸透で、より早く、より膨大な量の情報、そして人へのアクセスが可能になりました。 その中から種々選択する毎日に追われ、現代は、情報化社会から選択社会になったかのように感じてしまいます。 令和が始まったそんな時代、我々も不動産という仕事を通じて、皆様にとっての「良き友」に少しでも近づくことができるよう、努力して参りたいと思っております。
arrow_upward