令和地建株式会社
9:00-18:00
年中無休
2020年02月11日
店鋪・地域・施設のご紹介

行橋のランチなら!

今日は爽やかな1日でしたね。明日から天気が崩れるそうですが、宗像市〜福津市の気温はというと、今週の日曜日までは比較的暖かいようです。雨は所々、降ったり止んだり、たまに陽が照ったりという、冬なのか春なのか分からないような空模様になりそうです。

さて、本日は最近売り出したばかりの行橋の物件の現地確認と、売主様への訪問に行って参りました。

もう10数回以上は通ったと思うのですが、ランチ時はここ!というお店に、今日も行って参りましたので、グルメレポートいたします!

行橋市でうどんと言えば

宗像市から下の道で行きますと、グローバルアリーナ横を通り過ぎ直方を抜けて田川直方バイパス〜香春町を過ぎまして、そのまま県道201号線を真っ直ぐ。新仲哀トンネルを抜けると見えて参ります、「薮うどん」の看板が!

ご存知の方も多いかとは思いますが、もし知らない方いらっしゃいましたらこの機会に是非チェックを!!

 

福岡型の讃岐うどん!?

そう言えば前回のグルメレポートもうどんだったような気がしますが…

別にうどんばかり食べてるわけではございませんϵ( 'Θ' )϶

さて、注文したのは定番の「肉ごぼう天うどん」(写真)。こちらのお店の特徴はとてもはっきりしていて、とにかくだし汁が濃い!と言いましても、しつこい濃さではなく、いわゆるコクの方です。そして、牛肉が贅沢!これでもかというぐらい入っております。掘っても掘っても中から沸いてくる感じです(๑˃̵ᴗ˂̵) 麺は太めでガシッとしており、濃い味のだし汁をしっかり受け止めてくれてます。

やや残念のは、ごぼう天⤵︎もう少し改良の余地があるかとは多いますが、これも好き好きですからね。ちなみに、ここのごぼう天を食べて思い出すのは湯布院の「田舎庵」(http://inakaan-yufuin.com/)ですが、こちらもかなりハイレベルです!ごぼう天の揚げ方が似てるような気がします。

他にも定食メニューやおにぎり系も揃っており、うどん気分ではない時でも、複数人でのご利用でも良いかと思います。

あともう一つ残念なことは、

「座敷席が多い」

靴脱いであぐらかいてうどん食べるのは少々きついのでありますm(__)m

とは言え、それらを差し引いても、行橋出張の時はかなりの頻度で行っております、こちらの「薮うどん」。私の印象では、福岡で独自に進化した讃岐うどん!?のような感じもしますが、、、近くにお越しの際は、是非是非オススメです♪( ´θ`)

この記事を書いた人
薙野 秀貴 ナギノ ヒデキ
薙野 秀貴
お釈迦様の有名なエピソードですが、ある日弟子が「良き友を得ることが聖なる道の半ばだと思えるのですが?」と訪ねたのに対し、お釈迦様は「道半ばではない、聖なる道の全てだ」と答えたそうです。ここで言う「良き友」とは、人生上で起こる様々な苦しみや悩みから解放してくれ、同時に学びや喜びを共感してくれ幸せを気づかせてくれる存在です。それは時に上司だったり部下だったり、先生だったり師匠だったり、旦那さんや奥さんであったりするかもしれません。それをお釈迦様は人生で最も尊重しうる「友」としたのですね。 インターネットやSNSの浸透で、より早く、より膨大な量の情報、そして人へのアクセスが可能になりました。 その中から種々選択する毎日に追われ、現代は、情報化社会から選択社会になったかのように感じてしまいます。 令和が始まったそんな時代、我々も不動産という仕事を通じて、皆様にとっての「良き友」に少しでも近づくことができるよう、努力して参りたいと思っております。
arrow_upward