令和地建株式会社
9:00-18:00
年中無休
2020年11月08日
本日のコラム

正しい事実は公平に

先日は門司港レトロへ、明治・大正〜昭和の日本のパワーを感じる小旅行に行ってきたのですが、その間も「アメリカの大統領選挙」が大変なことになっているようです。

 

日本のマスコミは、ほぼ全て一日中トランプ批判ばかりで、気持ち悪いですね。

だいたいが、

・トランプが負けを認めない

・結果がほぼ出てるのに、ゴルフばかりやっている

・借金まみれで破産寸前

・性的不正行為で起訴される

・メラニア夫人が負けを説得する

このようなものが多いようです。

どちらが勝っても日本に試練が来るのは同じことで、種類が違うだけ。

トランプさんだと、国防上はアメリカの傘の下だが、経済的圧力は絶対に強まる

バイデンさんだと、より中国の脅威に晒されるが、経済的にはまだマシ

と、見てます。

ただ、バイデンさんを応援してるのがあのオバマ大統領なので、どこかの地で戦争や紛争が起こることはリスクとして残ります。

中東での戦争といえば、ブッシュJr.が思い出されると思いますが、実は、

ブッシュ政権時   無人機攻撃 51回  死亡者  410人
オバマ政権時   無人機攻撃   373回 死亡者  2089人

桁違いに人を殺してます。しかも民間人多数。

メディアはあまり報じてないですよね。

武器を売りたいのか、石油利権が欲しいのか、おそらく両方でしょうけど、そんなオバマさんが広島で核廃絶の演説をし、ノーベル平和賞を受賞。

漫画でもあり得ないようなことが世界では起こっています。

今回の大統領選でも、バイデンさんのスキャンダルネタはたくさんあるにも関わらず、全くニュースやメディアで取り上げられません。

どちらを応援してるわけでもないのですが、日本人が全体的にトランプさんを支持する傾向にある理由は、

◆対中政策

◆安倍元総理との関係

この2つではないでしょうか。

ただ、トランプさんは過去に日本の金融政策面を強く批判し、自動車の非関税障壁について厳しい声を上げておりました。

TPPからも脱退し、あえて日米FTAを強行。

もし再選すれば、農業分野にも手を出して来ることは以前から言われていたことで、全体的に、「守ってやるから、金を出せ」的な政策の印象が強かったことも忘れてはなりません。

バイデンさんも、同じしく中国に対しては厳しい姿勢ですが、トランプさんとの違いは、あくまでも多国間でも枠組みの中で、圧力を強めようとするという点。

トランプさんは、二国間でのタイマン交渉に持ち込もうとするので、実は、日本人の肌に合うのは、バイデンさんの方かもしれないですね。

何れにしても、どちらがなっても日本は独立国としての地位を築いていく努力は、より一層必要となりますが、不正行為による選挙で決められた、という遺恨は、残すべきではないと思うのです。

トランプさんを庇うつもりはありませんが、民主主義、自由主義を守るという意味でも、その盟主であるアメリカの大統領選挙で不正があり、それが闇に葬られるようなことがあってはなりません。

あれがまかり通ったんだから

と、全てに対し、不信感が募ることになるからです。

アニメ「鬼滅の刃」の中で、産屋敷耀哉(うぶやしき かがや)という登場人物が、

一方は「ある」という証拠を見せろと主張したのだから、(反対利益である)一方は「ない」という証拠も見せるべきではないか

このような内容ことを言ったシーンがあるのですが、これ、ごもっともだと思います。

「証拠を見せろ」と主張するのは、通常、それをさせることで「利益を得る者」です。

トランプさんが「不正はある」と証拠を提示し主張することで利益を得るのであれば、反対に、バイデンさんも「不正はない」という証拠を提示すべきではないでしょうか。

今回、上院で過半数が取れなかった民主党。

財政面での大きな政策転換は打てないと見込んだ市場は、すでに好転しております。

まだまだ混迷を深めそうな大統領選挙ですが、正しい事実だけを俯瞰してみる視点だけは、我々も失いたくないものです。

この記事を書いた人
薙野 秀貴 ナギノ ヒデキ
薙野 秀貴
お釈迦様の有名なエピソードですが、ある日弟子が「良き友を得ることが聖なる道の半ばだと思えるのですが?」と訪ねたのに対し、お釈迦様は「道半ばではない、聖なる道の全てだ」と答えたそうです。ここで言う「良き友」とは、人生上で起こる様々な苦しみや悩みから解放してくれ、同時に学びや喜びを共感してくれ幸せを気づかせてくれる存在です。それは時に上司だったり部下だったり、先生だったり師匠だったり、旦那さんや奥さんであったりするかもしれません。それをお釈迦様は人生で最も尊重しうる「友」としたのですね。 インターネットやSNSの浸透で、より早く、より膨大な量の情報、そして人へのアクセスが可能になりました。 その中から種々選択する毎日に追われ、現代は、情報化社会から選択社会になったかのように感じてしまいます。 令和が始まったそんな時代、我々も不動産という仕事を通じて、皆様にとっての「良き友」に少しでも近づくことができるよう、努力して参りたいと思っております。
arrow_upward