令和地建株式会社
9:00-18:00
年中無休
2020年11月08日
店鋪・地域・施設のご紹介

門司港レトロで大正気分に♪

現在、映画「鬼滅の刃」が大HIT中で、漫画の連載自体は終わってるにも関わらず、10日間での映画史上最速の興行収入を突破し、このままのペースだ200億円越えするのではないかとも言われているそうです。

この作者、実は福岡県出身なんですね。
そう思うと親近感も沸きますが、2016年から週刊少年ジャンプで連載され始め、単行本の方も普通に好調だったのですが、昨年2019年にTOKYO MXでアニメが連載され、それが火付け役となり、現在の全国的な流行へと繋がったそうです。

あまり詳しいことは分かり兼ねますが、ここまでHITしているとなると、調べないわけにもいかず、実際のアニメを観るのが一番ということで、現在、Amazon Primeなどを使って「全集中」で勉強中なのであります。

このアニメの舞台が「大正時代」ということですが、大正時代って、どこかイメージが薄い気がしますよね。

実際15年しかなかったのですが、実はこの短い期間に、戦後の日本の礎となるような文化や思想が芽生え始めてます。

それが「大正デモクラシー」と呼ばれてるものですが、そんな時代を少しでも感じてみたいということで、昨日は門司港にある「門司港レトロ」へ行ってまいりました。

あいにくの天候で、青空がパァ〜っと広がるような写真は撮れませんでしたが、「コロナ禍」と「鬼滅ブーム禍」で、雲時々雨の週末の様子、どんな具合か感じて頂ければ幸いです。

街並の様子

国の重要文化財「門司港駅」
門司港レトロのMAP
大正6年建造の三井船舶門司支店

明治維新後、急に欧米の文化が入ってきたのが大正時代。

不動産業種的には、ガス・水道・電気の整備が始まり各家庭に普及したのもこの時代で、玄関横に洋風の応接室が作られるようになったのも、この頃です。

食べ物も様変わりし、欧米のカレーやオムライス、ステーキなどが食卓に並ぶようになったことから、スプーンやフォーク、ナイフなども同時に普及するようになりました。

そんな時代を意識して作られてるのが「門司港レトロ」ですが、実際に周囲には明治〜大正時代に建てられた建造物がそのまま残っているので、雰囲気的にも十分に「大正」を感じることができます。

まずは定番の「焼きカレー」

有名人オススメの!?
卵とチーズたっぷりの焼きカレー
メニューも色々
あっ!

「上戸彩さんが地球が滅亡する前に最後に食べたいカレー」という看板を見てこのお店へ。

なんとも単純な動機で選んだのですが、「焼きカレー」のお店はそこら中にあるので、おそらくどこに入ってもそんなに大差はないのかと思われます。

この「BEAR FRUITS」さんでは、ビーフ入りの「焼きカレー」を注文しました。

普通のカレーと違って表面がカラッと焼いてあるので風味も香ばしく、カレー自体も水分が抜けててトロっとしてて濃厚で、そこにチーズと卵が絡み合ってるので、とても美味しくたべさせて頂きました。

「焼きカレー」は、昭和30年代にこのあたりの喫茶店で出されたのが始まりとされてるそうですが、「焼きカレー」自体、どこでも食べられる様なものでもないと思いますので、発祥の地というより、名産品、名物料理、といったところでしょうか。

これを食べるのを目的にしてもいいぐらい美味しいので、是非おすすめです!

九州鉄道記念館

この「門司港レトロ」、見所はたくさんあるのですが、まずはここがオススメです。

理由は、門司港というこの地が、明治〜大正、昭和初期にかけて、港町と鉄道という関係をバックに、どの様に発展を遂げたかを知ることができるからです。

それを理解した上で、改めて120年の歴史を持つ「門司港」の風景を見てみると、余計にロマンも広がります。

他にも昔の列車が間近で!

入り口からまず機関車が目に飛び込んできますが、昔懐かしい列車もたくさん並んでます。

現在40代以上の方であれば、昭和50〜60年代によく目にした電車や、学生時代に乗ってた電車の車内などもじかに見ることができ、タイムスリップでもしたかの様な不思議な気分になりますよ!

それぞれの車両の解説もあるので、普段何気なく乗ってる電車も、たくさんの歴史や人々の努力の賜物であることが、よ〜く理解できます。

感動の連続!本館へ!

九州鉄道会社の本社の建物が、「本館」となります。

この中が九州鉄道の博物館のようになっており、見所がたくさんあるのですが、まず、建物自体が明治24年に建てられたもので、不動産に関わるものとしてはそれだけもびっくりなのです。

写真の案内図だけだと分かりづらいので、実際に中の写真もどうぞご覧ください。

九州鉄道の「大パノラマ」は、実際のミニチュアの鉄道を走らせながら、映像と音声の解説付きで、歴史や列車のことについて、説明してくれます。

建物や電車がとてもリアルに再現されており、子供達も大喜びのようでした。

解説が始まる時間は、あらかじめ決められているそうでなので、詳しくは館内の案内所で聞くのが良いと思います。

日本の鉄道の歴史年表や、実際に使われていた資料、昔の切符なども展示されており、見所はたくさんあります。

一つ一つ見ていくだけと、軽く1時間ぐらいはかかりそうな量です。

汽笛の音の実体験ができるコーナーや、写真資料スペースもあり、大人から子供まで幅広い層の方が楽しめます!

子供さん大喜びのミニ列車

実際に小さな列車を運転している気分になれる、ミニ鉄道がこちら。

3人乗りなので、お子さんと同乗してお楽しみできます。

私はさすがに大人2名だったので遠慮しておきましたが、お子さん連れの方は列を作ってたくさん乗っておられました。

出光美術館へ

さて、この日は涼しかったので、門司港レトロに隣接する「出光美術館」へも足を運んでみました。

宗像市出身の超絶偉大な人物、「海賊と呼ばれた男」でも話題となった「出光佐三」について、また、出光の創業から現在に至るまでを知ることができる、こちらの美術館。

1F右手奥の出光創業史料室では、実際に本人が使っていた机や、年表、会社の資料やミニチュアなども展示されており、満州鉄道で起こった事件のことや敗戦後の復活劇なども解説されております。

この日、2Fでは「狩野派と桃山の華」という企画で、絵画や工芸品も展示されておりました。

室町時代〜江戸時代まで、歴史を彩った屏風絵の数々と工芸品はもちろん現物の本物!

美術館なので写真はお見せできませんが、こればかりは実際に生でご覧いただくことをお勧めします。

兎にも角にも、迫力満点です!

クライマックスはもちろんここ!

足と頭がクタクタで、この日最後になりましたが、最後にして最も楽しみにしてた場所、「旧門司三井倶楽部」へ!

こここそ、あの人類が生んだ世紀の天才物理学者「アルベルト・アインシュタイン」が実際に泊まった場所なのです。

「成功者になろうとするな。価値のある人間になれ」

などの名言もたくさん残しております。

哲学者でもあった彼がずっと行きたいと思っていた国の一つが日本だったそうで、国内のとある出版社による講演の依頼によりやっとの念願が叶い、全部で43日ほど滞在したそうですが、最後に宿泊した場所がこの「門司 三井倶楽部」です。

時は1922年、大正デモクラシー真っ只中の日本に向かう船の上で「ノーベル賞受賞」の知らせを聞いたらしいので、日本滞在中はさぞかしご満悦の、それでいて世界人類の平和と親善を願っていた氏の心境が慮られます。

同じく2階に、門司出身の女流作家、「放浪記」でお馴染みの「林芙美子記念資料室」もあります。

こちらは写真が一切禁止ですのでお見せできませんが、直筆の原稿やメモ帳なども展示されており、見応え十分です!

最後に

他にも見所はたくさんありますが、1日で全て回りきれないので、次回の”お楽しみ”に取っておくことにしますが、復元されたものだけでなく、当時のままの建物や街並みが残ってる場所も多いので、「隠れスポット」なども、実はたくさんあるのかもしれないですね。

昔、関門橋や関門トンネルが無かった時代は、九州最北端のこの場所が、アジアの大陸や欧米との貿易の、九州における拠点となっており、三菱や三井などの財閥の支店がたくさんあり、大変な賑わいだったそうです。

その面影が街のいたるところに残りつつも、どこか寂しい、今の日本を憂いているかのようなノスタルジックな雰囲気を醸す門司の街。

未来の明るい日本を夢見て、当時の欧米列強と渡り合った人たちの、強い心意気と魂のようなものが残るこの土地で、松尾芭蕉の一句が思い出されます。

夏草や 兵どもが 夢の跡

車だと、九州道を使えば宗像市から1時間ほど。
電車だと、直通であれば1時間ほどで着く門司港レトロ。

宗像市〜福津市周辺であれば、ちょっとした休みの日や、思い立った時にすぐに行ける観光スポットとして、オススメです!

門司港レトロインフォメーションはこちら

この記事を書いた人
薙野 秀貴 ナギノ ヒデキ
薙野 秀貴
お釈迦様の有名なエピソードですが、ある日弟子が「良き友を得ることが聖なる道の半ばだと思えるのですが?」と訪ねたのに対し、お釈迦様は「道半ばではない、聖なる道の全てだ」と答えたそうです。ここで言う「良き友」とは、人生上で起こる様々な苦しみや悩みから解放してくれ、同時に学びや喜びを共感してくれ幸せを気づかせてくれる存在です。それは時に上司だったり部下だったり、先生だったり師匠だったり、旦那さんや奥さんであったりするかもしれません。それをお釈迦様は人生で最も尊重しうる「友」としたのですね。 インターネットやSNSの浸透で、より早く、より膨大な量の情報、そして人へのアクセスが可能になりました。 その中から種々選択する毎日に追われ、現代は、情報化社会から選択社会になったかのように感じてしまいます。 令和が始まったそんな時代、我々も不動産という仕事を通じて、皆様にとっての「良き友」に少しでも近づくことができるよう、努力して参りたいと思っております。
arrow_upward