令和地建株式会社
9:00-18:00
年中無休
2020年11月06日
本日のコラム

混乱続く大統領選

朝から「不正選挙」というワードの検索順位が急上昇しているそうですが、アメリカでは、

トランプさん、今さら何言ってんの!?

という風潮のようです。もちろん、メディアは、ですが。

アメリカ国民はというと、暴動が起きるのではないかと懸念が広がり、各路面店などでは窓ガラスに防護壁を設けたり、警察も道路をブロックする訓練をしたりと、準備に余念が無いようです。

開票作業が終わったのち、1時間でバイデン票が12万票も増えれば、「不正!」と言いたくなる気持ちも、確かに分かりますが。。

とは言え、どちらが勝っても、日本にとっては試練です。

親イスラエルのトランプさんはロスチャイルド系、親中国のバイデンさんはロックフェラー系の財閥から支援を受けていると言われてますが、これはその通りで間違いないと思われます。

ちなみに、お金をより多く持ってるのは、バイデンさんです。

その辺り、中国がスポンサーにもなっているので、当然と言えば当然ですが。

アメリカ大統領選というのは、とてもお金がかかります。

ということは、言い方を変えれば、お金を持ってる方が有利、ということになります。

その辺りを見越してか、トランプさんはこの「不正選挙」については、かなり前から指摘しておりました。

「新型コロナ」の影響で、否が応でも「郵便投票」が増える

となると、「不正」はいくらでも起こり得る

このぐらいは、誰でも想像できます。

先ほどのトランプさんの会見でも、このことには触れてましたが、アメリカメディアの論調は、

証拠が無い

結果がまだ出てないのに主張するのはおかしい

この点ばかりです。

バイデンさんもスキャンダルは多いのに、全く報道しないメディア。

逆に、トランプさんの発言は、言葉尻やニュアンスまでも偏向して報道する。

このような、マスメディアという巨大な反対勢力があるにも関わらず、いまだに「接戦」ってことは、その時点で、

トランプさんの勝ち

と、私は見てしまいますが、いかがでしょうか。

「それは違う、民主主義ではない!」と言うのであれば、まずはメディアの報道を平等にすることが先ではないでしょうか。

そしてこれは対岸の火事ではなく、日本においても同じことが言えます。

先日の大阪の住民投票も、不思議なことがたくさんありました。

なぜ5年前に否決されたものが、また息を吹き返してきたのか?

辞任すると言ってた人が、急に「任期を満了したら…」と言い出したり、

第一、普通の民間人の橋下さんが(私は嫌いではないですが)、やたらテレビに引っ張りだこだったり、

そもそも、「大阪都構想」という名称自体が、インチキです。

「大阪都構想」は、正確には、「大阪市を廃止して4つの特別区を設置」ですが、行き着く先は、IR(カジノ)と水道などの公共事業の民営化、スマートシティ構想です。

これを推し進めるのが、竹中平蔵氏とデービットアトキンソン氏ということは、何度も申し上げてきましたが、この二人、どちらも財政均衡主義者、緊縮路線派です。

アメリカ大統領選挙でいうと、バイデン寄り。

大企業に対しての政策が若干異なりますが、根っこは同じグローバリスト。

日本では、反対派が勝ちましたが、アメリカでは、このままいくとバイデンさんが勝ちそうな気配です。

今後、裁判で長期化するのは必至のようですが、民主主義の盟主であるべきアメリカで、今回のようなドタバタ劇があってるようだと、民主主義自体が崩壊しかねない非常事態に発展しそうで、その点が心配です。

せめて日本においては正当な選挙が守れられることを、国民全体で監視しておかないといけないですね。

この記事を書いた人
薙野 秀貴 ナギノ ヒデキ
薙野 秀貴
お釈迦様の有名なエピソードですが、ある日弟子が「良き友を得ることが聖なる道の半ばだと思えるのですが?」と訪ねたのに対し、お釈迦様は「道半ばではない、聖なる道の全てだ」と答えたそうです。ここで言う「良き友」とは、人生上で起こる様々な苦しみや悩みから解放してくれ、同時に学びや喜びを共感してくれ幸せを気づかせてくれる存在です。それは時に上司だったり部下だったり、先生だったり師匠だったり、旦那さんや奥さんであったりするかもしれません。それをお釈迦様は人生で最も尊重しうる「友」としたのですね。 インターネットやSNSの浸透で、より早く、より膨大な量の情報、そして人へのアクセスが可能になりました。 その中から種々選択する毎日に追われ、現代は、情報化社会から選択社会になったかのように感じてしまいます。 令和が始まったそんな時代、我々も不動産という仕事を通じて、皆様にとっての「良き友」に少しでも近づくことができるよう、努力して参りたいと思っております。
arrow_upward