令和地建株式会社
9:00-18:00
年中無休
2020年02月09日
不動産知識

下水道・浄化槽・汲み取り式の違い

不動産取引の際に意外と多くのトラブルの元になるのが、この「下水処理問題」です。なぜトラブルになるかと言いますと、これは簡単でして、被害にあった時の損害が大きいからです。

①違うものが埋設されていた

②破裂、破損した

③近隣に漏れた

④その他不具合が起きた

ほぼ地中のものですし、決して綺麗なものではありませんので、被害が大きくなってしまうんですね。我々業者としても、特に気をつける一つの項目であります。

さて、その前に下水の種類について簡単に説明しますと、

汚水→トイレの排水

雑排水→お風呂や洗面所、台所などの排水

雨水→雨や雪など、自然物の排水

ざっくりと、このように分けられます。

下水道とは

一般的に行政が道路に管を通してます。宗像市の場合ですと、150㎜や200㎜のものがほとんどで、新しく家を建てて利用する場合にも、受益者負担金のようなものは特にありません。使用料のみです。

この下水道管に汚水と雑排水を流し、下水処理場で処理して川に流します。

宗像市で不動産取引をしていると、もっとも多いのがこのやり方で、一般的な家庭だと月額5000円ほどです(30m3/月使用の場合)。

浄化槽とは

次に多いのがこちらの浄化槽。よく質問されるのが、浄化槽と汲み取りの違いですが、大きく違います。図を見ていただくと分かると思うのですが、簡単にいうと浄化槽は、微生物を使って水を綺麗にして(浄化して)川や側溝等に流します。この基準は条例で決められているものなので、かなり綺麗な水になります。もちろん、定期的な清掃、点検が必要です。

この浄化槽、合併型(トイレ+雑排水)と単独型(トイレのみ)があるのですが、衛生の面から、現在新設できるのは合併型のみとなってます。

汲み取り式とは

言わずと知れたボットン便所ですね。こちらは定期的に回収をお願いしないといけません。私が幼少の頃は、まだぎりぎりバキュームカーというものが走っておりまして、こちらの車で回収して回るわけですね。

宗像市や福津市ではほぼ無くなってきてるとは思います。臭いがきついので、山間部や海沿いの、昔からある建物などでは、ほんの一部残ってることがあります。

似たようなもので簡易水洗というものがありますが、こちらは便槽との間を水で塞いでいる為、ボットン便所に比べると臭いが弱まります。

生活雑排水などはそのまま側溝等に流します。

月額の目安は!?(宗像市・福津市の場合)

下水道の場合、行政によっては受益者負担金というものが最初にかかり(数万円〜)、その後は使用量です。宗像市と福津市はこれがかかりませんので、5人家族で30m3使用したとして、月額は5千円ほど。

浄化槽の場合は少し複雑で、点検や清掃の費用に電気代(ブロアー)が別途かかります。

汲み取り式の場合は、1ヶ月に一度、4千円前後を目安に業者に汲み取りに来てもらいます。

コスト的に言えば、この3つ、どれもそこまで変わらないので、利便性を考えるとやはり下水道が一番のようです。ただ、個人の費用で下水管を引くとなると、1メートルあたり数万〜数十万円という費用がかかります(深さや場所により異なります)ので、あまり現実的ではありません。

 

新型コロナウイルスの勢いが増してます。中国の不衛生もこれを機に指摘されておりますが、日本では昭和60年から合併浄化槽が義務付けられ、衛生状態もかなり良くなりました。汚水のみならず雑排水についても、行動経済成長期に公害という形で社会問題化され、様々な形で法整備が進みました。

宗像市や福津市などのベッドタウンやその周囲には、まだまだ整備が行き届いてなかったり、公的資金の関係で整備できない地域などが多々あります。

不動産取引の際、売主側買主側双方が色々な点に気をつけなければなりませんが、こういう3パターンがあるという点だけでも、知っておくと良いかもしれません。

この記事を書いた人
薙野 秀貴 ナギノ ヒデキ
薙野 秀貴
お釈迦様の有名なエピソードですが、ある日弟子が「良き友を得ることが聖なる道の半ばだと思えるのですが?」と訪ねたのに対し、お釈迦様は「道半ばではない、聖なる道の全てだ」と答えたそうです。ここで言う「良き友」とは、人生上で起こる様々な苦しみや悩みから解放してくれ、同時に学びや喜びを共感してくれ幸せを気づかせてくれる存在です。それは時に上司だったり部下だったり、先生だったり師匠だったり、旦那さんや奥さんであったりするかもしれません。それをお釈迦様は人生で最も尊重しうる「友」としたのですね。 インターネットやSNSの浸透で、より早く、より膨大な量の情報、そして人へのアクセスが可能になりました。 その中から種々選択する毎日に追われ、現代は、情報化社会から選択社会になったかのように感じてしまいます。 令和が始まったそんな時代、我々も不動産という仕事を通じて、皆様にとっての「良き友」に少しでも近づくことができるよう、努力して参りたいと思っております。
arrow_upward