令和地建株式会社
9:00-18:00
年中無休
2020年10月17日
不動産知識

9月の中古住宅市場

西日本レインズで、今年9月の中古戸建住宅、中古マンションの成約状況が発表されました。

中古戸建住宅の成約状況(九州)

九州全体で見て、成約件数は前年同月比で10.9%増。成約価格も1,889 万円と前年比で 4.2%上昇で、どちらも3ヶ月連続で前年同月を上回っております。

中古マンションの成約状況(九州)

続いて九州地方の中古マンションについて。

こちらは、件数は相変わらず低迷で前年同月比マイナス12.8%ですが、価格は上昇で前年同月比プラス6.1%。

件数が減って価格が上がるという状況になってます。

中古戸建住宅の成約状況(福岡県)

福岡県の中古戸建住宅の成約状況について、

件数は、13.6%の 2 ケタ増(3ヶ月連続)

成約価格は、 1,909 万円で前年比 5.9%上昇(4ヶ月連続)

土地面積は、 234.1 ㎡で 前年比4.7%拡大(7ヶ月連続)

建物面積は、115.5 ㎡で前年比プラス 0.3%

❇︎全て前年同月比です。

土地面積は広がっていってる傾向で、件数は堅調。価格も前年比で上がっておりますが、これは土地の面積が増えれば上がるので、一概には言えないところではあります。

大まかには、

コロナの影響以外は、消費増税前に比べ、中古の家が売れている

という状況です。

中古マンションの成約状況(福岡県)

続いて福岡県の中古マンション。

成約件数は、327 件で前年比マイナス 10.9%(8 ヶ月連続減)

平均成約㎡単価は、27.1 万円と前年比で 5.6%上昇(3 ヶ月連続増)

成約価格は、1,878 万 円と前年比で 8.2%上昇

専有面積は、67.7 ㎡と前年比で 3.6%拡大

こちらは、価格は上がってますが、成約した件数が減少傾向です。

まとめ

中古の戸建もマンションも、コロナの影響を受けた3〜6月の状況を脱したのは伺えますが、7〜8月の反動減が多少はあったようです。

そもそも3〜6月は外出しづらい状況であったため、その時期に購入希望だった方々が7月以降に購入している、というだけのことでしょう。

本当の影響はこれから出てくると思われます。

昨日の記事(「全く報じられない、WHOからの要請」)の内容が、今日も日本では報じられておりませんが、ロックダウン(都市封鎖)は有効なコロナ対策ではありません。

「Goto〜」も、国民の8割近くは「あまり利用する気がない」とのアンケート結果も出てるようで、さらに大型店舗や大企業との利権まみれで、経済への影響も限定的となるでしょう。

土地の価格に関しては、都市部の人気エリアでは上昇、それ以外は緩やかに下落、過疎地域では急激に下落、という3極化が言われてます。

大手デベロッパーの大型開発も既存のもの以外は止まってるようですので、このままマクロ経済(新自由主義経済の格差拡大)が不動産価格に連動した状態を継続するようであれば、3極化はより進んでいくでしょう。

年末に向けて持続化給付金の影響が薄れてきて、来年にかけては雇用調整助成金の効果もなくなってくるので、「新型コロナの大打撃」はこれから、といったところだと思われます。

この記事を書いた人
薙野 秀貴 ナギノ ヒデキ
薙野 秀貴
お釈迦様の有名なエピソードですが、ある日弟子が「良き友を得ることが聖なる道の半ばだと思えるのですが?」と訪ねたのに対し、お釈迦様は「道半ばではない、聖なる道の全てだ」と答えたそうです。ここで言う「良き友」とは、人生上で起こる様々な苦しみや悩みから解放してくれ、同時に学びや喜びを共感してくれ幸せを気づかせてくれる存在です。それは時に上司だったり部下だったり、先生だったり師匠だったり、旦那さんや奥さんであったりするかもしれません。それをお釈迦様は人生で最も尊重しうる「友」としたのですね。 インターネットやSNSの浸透で、より早く、より膨大な量の情報、そして人へのアクセスが可能になりました。 その中から種々選択する毎日に追われ、現代は、情報化社会から選択社会になったかのように感じてしまいます。 令和が始まったそんな時代、我々も不動産という仕事を通じて、皆様にとっての「良き友」に少しでも近づくことができるよう、努力して参りたいと思っております。
arrow_upward