令和地建株式会社
9:00-18:00
年中無休
2020年10月03日
店鋪・地域・施設のご紹介

ユニバーサルスタジオジャパンの旅

これまで「Goto」や「経済再開」のことをブログで書き続けてて、自分がそれをやらないのも無責任なお話しだとつくづく思っていたので、昨日は大阪の「ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)へ行って参りました。

USJの解説ブログやYouTubeはたくさんあるので、あえてここで書かなくても良さそうなものなのですが、私なりの視点で最新の情報をお知らせしたいと思います。

「Gotoキャンペーン」の使い方

これまで大阪へは何度も行ってますが、今回は目的が「USJのみ」ということで、ホテルや公共交通機関も、比較的分かりやすく予約・購入することができました。

今更ながらですが、「Gotoトラベル」の使い方について。
これは、単独で予約・購入しても、割引はありません。

キヤンペーンを実施している旅行会社などを通して購入する際に、勝手に割り引かれるものです。
当初、それを知らなかったので、いつ「Goto割引」がなされるのか不明でしたが、例えば、

【宿泊費+USJチケット 】が1万円の場合(一人)

1万円の半額がGoto割引の対象

7割がキャッシュバック
3割が地域クーボン券

1万円の35%がキャッシュバック
1万円の15%がクーポン券によるキャッシュバック
(❇︎ただし上限が一人2万円まで)

という具合です。ほんと複雑ですよね、官僚のやることは。
消費税をゼロにすれば終わりなのですが、このように分かりづらくしてケチるというのがいつもの手段。

関連記事→もらって嬉しいクーポン券

上の例ですと、カード決済やホテルで支払いをする際にすでに割り引かれているので、特に別途申請する必要はありません。

交通費もセットでGoto割引を受けようとする場合は、同様に、旅行会社などが発売している、

【宿泊費+USJチケット+交通費 】

のパックを予約・購入すれば良いのですが、「交通費」を含む場合は、最低でも2〜3日前までの予約が必要です。

今回は直前で決まったので、【宿泊費+USJチケット 】の方で行きました。

ホテルは駅直結!

駅は「ユニバーサルシティ駅」になります。

新幹線の場合、新大阪から直通も出てますが、大阪環状線などを使って乗り継いで行くこともできますので、そこまで心配しなくても良さそうです。

本数も多いので、「Googleマップ」の「経路検索」で十分行けます。

今回のホテルは、「ホテル京阪 ユニバーサル・シティ」

駅の改札を出ると、もうすでに「アメリカの街並み」になってますが、そこに直結する格好でホテルがいくつか隣接しております。

ホテルの中も気分を盛り上げてくれる内装なので、どうせなら「隣接ホテル」が良いかもですね!

予約状況は、現在(10月初旬時点)で、週末でも空室がちらほら。

平日は比較的空いている、とのことでした。

駅に直結している「ユニバーサルシティウォーク」、福岡でいうと丁度「キャナルシティ」のような感じです

お土産や飲食店コーナーもたくさんあり、ここだけでも「大阪」を感じることは十分できます!

ただ店によっては飲食代がやや割高、な感じは否めません^o^;

初の「USJ」内へ!

映画は好きなのですが、何故かあまり行く気がしなかったUSJ。

それは、「人が多いから」という理由が大きかったのですが、もう一つの大きな理由は、

年齢層が若い

歳のせいでしょうが、若い方がたくさんおられる場所は、ちょっと遠慮がちになってしまう今日この頃でございます。

さて、実際はどうだったかというと、やはり若いm(_ _)m

ただ、ハロウィン時期で、仮装して来られてる方も多く、修学旅行で集団で来られてる体操着のお子さんや、高校の制服のまま来られている女性の方も多かったので、そう見えたのかもしれません。

あまり気にすることではなさそうな感じ(!?)です。

アトラクションとショー

ユニバーサルスタジオJAPANは、主に、アトラクションとショーに分かれてます。

アトラクションは乗り物、ショーは観るもの、と思って頂ければ大丈夫です。

乗り物は、ゴーグルや3Dメガネを付けてバーチャル画像で楽しむものや、ジェットコースター、お子様用の緩い乗り物もあります。

ショーは、座ったまま鑑賞する形ですが、これが意外と凝っていて、私が観たショーは、どれもかなり内容の濃いものでした。

私が観たショー →SING、ウォーターワールド、マイフレンドダイナソー、セサミストリート、その他路上ライブの演奏

ただ、10月2日時点で、「ターミネーター2:3D」と「バックドラフト」は講演休止となっております

ターミネーターが楽しみで行ったようなものだったのですが、仕方ないので、YouTubeで観ることにします( ; ; )

メンテナンスなどで、アトラクションなどもちょくちょく休止していることがあるみたいなので、その辺りも事前にチェックしておいた方が良いかと思われます。

 

待ち時間

「ドラえもんVR」は期間限定のせいか、入園当初からずっと1時間待ち状態。

ゴーグルをはめて乗り物になって、未来と現在を行き来するようなショートストーリーでしたが、待った分、十分楽しめます。

路上ライブ系のショーは、時間になれば人だかりができており、すぐに発見することができますが、その他のショーは、開始時刻前にかなりの行列ができており、ショーによっては人数制限があるので、注意が必要です。

アトラクション系は金曜日で、平均20分ぐらい。

人気のもので45分〜1時間といったところでした。

ただ、コロナの影響にもよりますが、これからハロウィンや年末シーズンで、その辺りが全体的に長くなって来るかもしれません。

休止中のショーが再開となれば、もっと増えて来ると思われますので、スマホのアプリなどで事前に傾向をチェックしておくと良い思います。

詳しくはこちら↓

必見ものは!?

「スパイダーマン」や「ハリーポッター」などは、セットや小物の装飾も凝っており、待ち時間でも暇しないような作りになってます。

アトラクション系は、バーチャルで体験するものと、実際のジェットコースターに大きく分かれますが、やはり何と言っても、「フライングダイナソー」は乗っておいた方が良いかもしれません。

外から見ると危なそうに見えますが、乗って見ると意外と怖さより楽しさが上回るので、とてもスッキリします。

パーク内も大阪の街並みも一望でき、気分爽快!
スピード感も抜群です!

ショー系でのオススメは、やはり「ウォーターワールド」でしょうか。

❇︎USJ場ではアトラクションにカテゴライズされてますが、実際は、ショーを観る感じです。

お目当の「ターミネーター2:3D」や「バックドラフト」が休止中でしたので、その辺りとの比較は分かり兼ねますが、間違いなく「ウォーターワールド」はオススメです!

過去に事故もあったそうですが、演技や演出のクオリティの高さは相当なもので、映画の世界を間近で観てるよう気分になります。

また、「ハリポッター」の街並みもとても綺麗です。
ホグワーツ魔法魔術学校も、映画そのまま。

VRとジェットコースターの2つのアトラクションももちろん楽しいのですが、映画のセットのような街の中で記念撮影される方も、多くいらっしゃいました。

施設内は映画のワンシーンばかり!

飲食店や街並みもアメリカちっくな作りが多く、本当に海外に来てるかのような気分になります。

パーク内の至る所に「映画のワンシーンのセット」があり、私も全ての映画を知ってるわけではないのですが、それと分かる演出がなされてます。

スタッフさんも皆さん笑顔で、どなたに話しかけても、とても親切に受け答えしてくれますので、何かあっても安心です(#^.^#)

あえて苦言を

楽しいことばかりで、映画の世界とアメリカの文化を満喫できる最高の場所なのですが、あえて苦言を言うのであれば、

◆年齢層を上げてほしい

◆飲食代が高い

◆アトラクションのパターンが飽きる

また、入場時はもちろん、各施設に入る際は必ずマスクが必須です。
手洗いやディスタンスを強制される事も、間々あります。
(それならトイレの出入り口でもやれよ、と言いたくもなりますが)

年齢層については、もう少し「観て楽しむ」系のもの、例えば実際に映画で使ったものの展示や体験型の展示物などを増やして、3〜40代以降の大人や、小さいお子様連れのご家族でも楽しめるものを多く取り込んだ方が良いように思いました。

飲食代については、入園料が安いのでその分として、仕方のないところはあるでしょう。

最低限の「飲み水」は、各所に設置してありますので、喉が渇いた際はそちらで潤しても良かったような気もします。何せ自動販売機は、水でも250円ですので。。

アトラクションについて、最近はバーチャル(VR)で乗り物に乗るスタイルが流行ってるのか、どれに乗っても出てくる映像が変わるだけで、体感的にはあまり差はありません。

例えば、「ハリーポッター」と「スパイダーマン」、「ドラえもん」は、ほぼ同じ動きをしていたかと思います。

ディズニーの場合は、垂直に上り下りするものや、のんびり動くものなどあって、アトラクションにも強弱があって飽きないのですが、USJは、若干偏ってる印象は受けました。

その辺りも、ターゲットとする年齢層を10〜20代前半に(あえて)絞ってるのであれば頷ける部分でもあるのですが、これから少子化も進むので、どうなんでしょう。
今後に期待したいと思います。

あと、さらに付け加えるとすれば、

ぜ修学旅行生が多過ぎる

という点です。

これもオジさん的な感覚なのでしょうが、修学旅行の目的そのものから逸脱してしまってる気もします。そこまで子供の意向に教育現場が阿る必要も無いと思うのですが、いかがでしょうか。

「学ぶ」どころか、一般客の「迷惑」になってなければ良いと思いますが。

実際、列に並んでいた(地元の!?)女子高生っぽい方は、バックに入れて持ち込んだお菓子とジュースで飲み食いしておりました。

最後に

現在、「新型コロナ」による影響で時短営業になっており、この日は19時までとなっておりました。

時間はその都度変更されているみたいですので、HPやアプリなどでチェックしてから行くようにしましょう。

閉園間際でも結構人は多く、お土産屋さんもそこそこ混んでおりました。

この日は朝の開演からラスト近くまで、9時間ほど施設内に滞在しましたが、ほぼほぼ全てのエリアを回ることはできました。

日帰りでも楽しめそうですが、せっかくですのでこの時期は「Gotoキャンペーン」を使って、最低でも1泊、余裕のある方は2泊でのんびり行かれるのも良いと思います。

良い部分ばかり書き連ねるのは楽なのですが、本記事ではあえて「苦言」についても書かせていただきました。

ただ、働いてるスタッフさんはどの方も皆さん楽しそうで、楽しい”エンターテイメントの世界”を演出してくれます。

福岡からの距離も小旅行としてもちょうど良いですし、今後は「任天堂」とのコラボアトラクション「SUPER NINTENDO WORLD」もできるそうです。

マリオと言えば、お好きな方は日本にはたくさんいらっしゃるので、また一層盛り上がると思います!

東京も「Gotoトラベル」のエリアに入りましたし、これから年末に向け、賑やかになっていけばいいですね!

というわけで

「オッさんのオッさんによる”皆様のための”USJ旅行記」

この辺りで終わりにしたいと思います。

この記事を書いた人
薙野 秀貴 ナギノ ヒデキ
薙野 秀貴
お釈迦様の有名なエピソードですが、ある日弟子が「良き友を得ることが聖なる道の半ばだと思えるのですが?」と訪ねたのに対し、お釈迦様は「道半ばではない、聖なる道の全てだ」と答えたそうです。ここで言う「良き友」とは、人生上で起こる様々な苦しみや悩みから解放してくれ、同時に学びや喜びを共感してくれ幸せを気づかせてくれる存在です。それは時に上司だったり部下だったり、先生だったり師匠だったり、旦那さんや奥さんであったりするかもしれません。それをお釈迦様は人生で最も尊重しうる「友」としたのですね。 インターネットやSNSの浸透で、より早く、より膨大な量の情報、そして人へのアクセスが可能になりました。 その中から種々選択する毎日に追われ、現代は、情報化社会から選択社会になったかのように感じてしまいます。 令和が始まったそんな時代、我々も不動産という仕事を通じて、皆様にとっての「良き友」に少しでも近づくことができるよう、努力して参りたいと思っております。
arrow_upward