令和地建株式会社
9:00-18:00
年中無休
2020年09月06日
本日のコラム

迫り来る脅威

台風がいよいよ近づいてます。

予報では夕方頃から東寄りの風が強まります。

深夜には風速16mを超える暴風雨。

明日の午前中にピークで、今の所、風速20mほどの予想になってます。

昨日の予想より若干、風が強くなっておりますが、この辺りは微妙に変わってきますので、要するに「東〜南寄りの風速20m級の暴風雨が来る」と思っていてほぼ間違いなさそうです。

緊急連絡先や避難場所については昨日の記事にリンクを貼ってますので、ご参考までに。

関連記事→何より台風への備えを!

瓦や看板が横風で飛んでる来る風の強さですので、外出はお控えください。

また、昨日の記事では「西寄りになる頃には治るのでは?」と書きましたが、南風に西方向からの風も混じって来るので、ご自身の自宅の方位を、今一度確認して頂き、どちらの方角がより危険であるか、予め把握しておいた方が良いと思われます。

例えば、こちらは弊社のある東郷橋付近ですが、矢印の方向からの風が、特に危険です。

鹿児島県の奄美大島では、最大風速50mと予想されてますが、暴風域に入るだいぶ前の、昨日の段階で、こちら↓

ちょうど今頃、暴風域に入ったぐらいだと思われますが、その後、本島にも上陸してきます。

今回の10号、非常にタチが悪い特徴が、

左半分が海

という点にあります。

台風というのは、海水温が27度以上になってるところで海水が蒸発し、上昇気流が起きることで生じます。

陸に上がると、蒸発する水分が無くなるのと、山などの凸凹で摩擦が起こり減退するのですが、今回のは左半分が海で、右半分が陸。

左側でパワーを維持しつつ、右で放出

これを繰り返しながら北上していっており、さらに、太平洋高気圧の勢力がまだ強いので、偏西風の影響をそれほど受けず、速度がそれほど上がらないまま北進してます。

現在の奄美大島ほどではないしても、前回の台風の約1.5倍ほどの強さで、通過する速度もそれほど早くなさそうなので、明日は風の強い状態が、夕方まで続くと思われます。

飛んでいきそうなものはなるだけ室内へ。

移動できるものは建物の北側へ。

停電に備えて、水と簡易食料の確保を。

十分、お気をつけください。(会社は休ませていただきます)

 

さて、久しぶりにコロナ関連からこちら。

独仏英で規制反対デモ マスク義務化に抗議

【ベルリンAFP時事】ドイツや英国、フランスで29日、新型コロナウイルス対策の新たな規制に反対するデモが行われた。国民の不満と折り合いをつけながら、次の感染拡大とどう闘うか、各国が頭を悩ませている。(後略)

フランスでは、1日の死者数が、多い時で1千以上だったのが、先日は26人。

それでも外でのマスクを義務化し、違反すれば罰金で15,000円だそうです。

そりゃあ暴動も起きるでしょうが、同じことが日本で起こればどうでしょう。

暴動までは起こらないにしても、マスク警察が出動することは100%間違いありません。

このようなニュースに対する、みなさんのご意見を見てると、大きく2つに分かれます。

①マスクをしないと他人に迷惑をかけるから、義務化もやむ無し

②インフルエンザより致死率の低いウイルスに、なぜそこまでやるのか

日本国内において、新型コロナウイルスで亡くなった80歳以上の方160人を調査したところ、基礎疾患をお持ちでなかった方は、4人だったそうです。

つまり、検査をすれば陽性と出るが、死因そのものが新型コロナウイルスであったかは立証されてない、ということです。

このウイルス、感染力が強いと言われておりますが、これも、本当に感染力が強いのか元々あったウイルスの遺伝子情報を「covid 19」と名付け「新型コロナウイルスの脅威」としているのか、定かではありません。

ただ、他人に迷惑をかけるからとマスクをすることは、個で見れば正しいですが、全体でやれば、経済はDOWN↓。いわゆる合成の誤謬です。

それを言ってしまえば、資本主義経済そのものが合成の誤謬でありまして、戦争も外交も政治も、至る所にそれはあります。

個別に見れば決して間違っていないのに、「全体で見れば間違っている」という理由から、個別に罰を課す

どこかで聞いた構図です。そう、消費税です。

これは言わずと知れた天下の悪税で、今さら説明するまでもないと思われますが、ヨーロッパでは付加価値税と言います。

どちらも中身は似たようなもので(ヨーロッパではほとんどの国で軽減税率が適用されてます)、これは消費に対する罰金です。

ミクロの家計で見れば、収入と支出はバランスしていなければいけません。もちろん、収入の方が歴然と多いに越したことはありませんが。

それをマクロで見たときは、

政府が借金している状態=民間人のフローが潤ってる状態

なので、

「借金で国が破綻するからその財源確保のために消費税!」

は、逆のことを言っています。

正確には、

「借金で国が破綻するから、その財源確保のために税収を上げよう!まずは国が財政支出するから企業も投資してくれ!民間人は積極的に消費しましょう!」

です。

つまり、フランスのマスクの例も、逆なのです。

「みんながマスクをしないから、死者数が拡大し、経済と政治が混乱した!マスクをしてくれ!義務化!」

なら分かるのですが、死者数が減っているところに義務化してたら、国民も納得いかないでしょう。

そもそも、世界中の報道機関が一斉にこの「コロナ」で騒いで怪しさ満点なのに、さらに国民に義務を課して罰金を取ろうというのは、如何なものでしょうか。

ただこの類の強制力、ここ20数年の間、密かに日本にも輸入されてきておりますので、要警戒です。

<輸入された強制力>

◆金融ビッグバン

◆外国人労働者(移民)

◆種子法廃止(種苗法改正)

◆ラウンドアップ

◆TPP(FTA)

◆水道事業民営化

◆労働者派遣法の改正

◆北海道問題(アイヌ、土地買収)

挙げればキリがないですが、こんな国難の時期に、台風10号。

脅威が多くて、いったい今何に気をつければ良いのかつい忘れてしまいそうですが、まずはこちら【重要】避難勧告の発令

この記事を書いた人
薙野 秀貴 ナギノ ヒデキ
薙野 秀貴
お釈迦様の有名なエピソードですが、ある日弟子が「良き友を得ることが聖なる道の半ばだと思えるのですが?」と訪ねたのに対し、お釈迦様は「道半ばではない、聖なる道の全てだ」と答えたそうです。ここで言う「良き友」とは、人生上で起こる様々な苦しみや悩みから解放してくれ、同時に学びや喜びを共感してくれ幸せを気づかせてくれる存在です。それは時に上司だったり部下だったり、先生だったり師匠だったり、旦那さんや奥さんであったりするかもしれません。それをお釈迦様は人生で最も尊重しうる「友」としたのですね。 インターネットやSNSの浸透で、より早く、より膨大な量の情報、そして人へのアクセスが可能になりました。 その中から種々選択する毎日に追われ、現代は、情報化社会から選択社会になったかのように感じてしまいます。 令和が始まったそんな時代、我々も不動産という仕事を通じて、皆様にとっての「良き友」に少しでも近づくことができるよう、努力して参りたいと思っております。
arrow_upward