令和地建株式会社
9:00-18:00
年中無休
2020年09月05日
本日のコラム

何より台風への備えを!

強烈な台風が近づいてます。

どのくらい強烈かというと、今のところ宗像市に到達する時点での風速が約20m弱の予想。数日前の9号が14mほどでしたのでその約1.5倍ほどです。

時速で言うと約72㎞。

人が真っ直ぐには立っておられず、屋根瓦などの飛来物も飛んでくる風の強さで、根の張ってない木々だと、根元から倒れます。

看板類も外れて飛び散り、電柱や道路標識も場所によっては倒壊します。

車の運転も、横風に煽られハンドル操作が大変困難になるため、外出は極めて危険となる風速域になります。

全国港湾海洋波浪情報網(ナウファス)による情報では、現時点(5日夕方17時半)での宗像市における最大風速の予報は、

9月7日午前11時ごろ 風速16.5m

が最高値となっております。

ただ、これも台風の進路によって度々変わります。(午前中は最大風速22m/Sでした)

宗像市〜福津市の避難場所や病院施設、緊急時のお問い合わせ先などはこちら

宗像地区消防本部 警防課

 

買い出しはお早めに!

九州ではコロナ禍と6月の記録的な大雨とで、災害に対してピリピリしてるところにこの大型台風ということで、皆さんの防災の意識も高まっているようです。

ただ、前の記事でも書きましたが、伝統的に日本列島は自然災害大国で、地域で助け合うことで生きながらえてきた歴史があります。

遺伝子的にも、そういう「ムラ」を形成する昨日は備わっているので、このような時こそ困った時の助け合いの気持ちを忘れず、乗り切りたいところです。

避難場所などで、「密〜っ!!」なんて言ってる場合じゃありませんので。

関連記事→色々な防災系サイト

 

風向きは!?

あくまでも私の予想ですが、恐らく、

東〜南、その後、西

です。

西寄りの風になる頃にはだいぶ治ってますが、問題は、東〜南風の時です。

これは非常に危険で、物が飛んでくる方向も、この方向からのものを特に注意してください!

逆に、北風は吹き込みませんので、家の中に持ち込めないようなものは、建物の北側に避けておくのも一つの方法です。

ただ、建物と建物の隙間から吹き抜けてくる風(一種のビル風)が回ってくることもありますので、飛びそうなものは基本、建物の中に入れておくのが無難です。

趣味柄、毎日風向きと気圧配置の進路には敏感なので、恐らく当たると思いますが、あくまでも私の予想ですので、ご参考までに!

想定は大袈裟に!備えは万全に!

見落としがちなのが、大雨による水害です。

停電など、複数の被害が重なった時は、迷わず周りに助けを求めましょう。

宗像市や福津市の団地は、山を切り崩してるところが多いので高台では突風、低地では河川や大波による水害を警戒しておく必要があります。

「新型コロナ」は、インフォデミックの要素が少なからずありましたが、こちらはありません。

はっきり、強烈な台風と言えます。

今後陸地に上がり、台風の勢力が弱まったり、進路が変わることもあり得ますが、「備えあれば憂いなし」ですので、何通りか最悪のパターンも想定しつつ、台風に備えましょう。

この記事を書いた人
薙野 秀貴 ナギノ ヒデキ
薙野 秀貴
お釈迦様の有名なエピソードですが、ある日弟子が「良き友を得ることが聖なる道の半ばだと思えるのですが?」と訪ねたのに対し、お釈迦様は「道半ばではない、聖なる道の全てだ」と答えたそうです。ここで言う「良き友」とは、人生上で起こる様々な苦しみや悩みから解放してくれ、同時に学びや喜びを共感してくれ幸せを気づかせてくれる存在です。それは時に上司だったり部下だったり、先生だったり師匠だったり、旦那さんや奥さんであったりするかもしれません。それをお釈迦様は人生で最も尊重しうる「友」としたのですね。 インターネットやSNSの浸透で、より早く、より膨大な量の情報、そして人へのアクセスが可能になりました。 その中から種々選択する毎日に追われ、現代は、情報化社会から選択社会になったかのように感じてしまいます。 令和が始まったそんな時代、我々も不動産という仕事を通じて、皆様にとっての「良き友」に少しでも近づくことができるよう、努力して参りたいと思っております。
arrow_upward