令和地建株式会社
9:00-18:00
年中無休
2020年08月20日
本日のコラム

「ぼちぼち」と言われたら

先日、お客様より物件(土地)を探すご依頼があったので、希望のエリアをぐるぐると車で回っておりました。

インターネットには掲載されていない、「現地看板のみの物件」というのも結構あるので、それらを探していたのですが、”とある空き地”に看板が立てられたので、そこに載ってる不動産会社に電話して、引き合い状況を訪ねたところ、その返事は、

ぼちぼちです

とのことでした。

この「ぼちぼち」というお返事、日本独特の婉曲的な言い回しで、良く言えば「オブラートに包んだソフトな言い回し」、悪く言えば「具体性に欠けた誤魔化し」です。

”相槌の延長”のように使う場面では、会話もスムーズに繋がり余計な角も立たず、話しの流れにも抑揚が付くので大変好都合なのですが、白黒付けなければならないような、特に利害の絡む場面になればなるほど、それで済ますわけにもいきません。

上の例でいうと、その「ぼちぼち」とは、

月にどのくらいのペースで問い合わせがあり、合計何件ぐらいあったのか

現在進行中の商談はあるのか

最低でもこの2つぐらいは答えて頂かないと、こちらとしてもお客様に説明のしようがありません。

この「ぼちぼち」、実は不動産業者が良く使う場面がもう一つあります。

それは、

売主様への取引状況の報告時

です。

不動産業者は、売主様より不動産の売却を依頼されるパターンとして、以下の3つがあります。

専属専任媒介契約

専任媒介契約

一般媒介契約

以前の記事「住まいを売る契約の流れ」←こちらでも書いておりますが、業者は、お客様からの問い合わせ状況などについて、

専属専任媒介→一週間に一度

専任媒介契約→二週間に一度

一般媒介契約→報告義務なし

このような形で、売主様に対し報告しなければならないとされます(宅地建物取引業法 第三十四条の二)

不動産業者は、売主から不動産の売却の依頼をされた場合、業務の処理状況について、報告をしなければならない義務があるのです。

あくまでも「業務の処理状況」を報告すれば良く、具体的な数字までは報告する義務が無いため、「ぼちぼち」という返事が多くなってしまいます。

問い合わせ客から、ただ場所を尋ねられただけでも「ぼちぼち」。

値引きができるか聞かれただけでも「ぼちぼち」。

3ヶ月間で1度だけ問い合わせがあった場合でも「ぼちぼち」。

そう、「ぼちぼち」は、全てを覆い被せる力を持っているのです。

恐るべし「ぼちぼち」、

「最近体調はどうですか?」

「ぼちぼちデス」

「景気はどうですか?」

「ぼちぼちデス」

「コロナはいかがですか?」

「ぼちぼちデス」

「熱中症は大丈夫ですか?」

「ぼちぼちデス」

ただ、

「オススメの映画はありますか?」

「ぼちぼちデス」

というわけにはいきません。

こちら側が、具体的な答えを欲している場合は、「ぼちぼち」は回答にならないのです。

むしろ、このような場合に使う「ぼちぼち」は、否定表現と捉える方が良いでしょう。

つまり、どこかの業者に売却を依頼してて、問い合わせ状況を尋ねた際、

「ぼちぼちデス」

と言われた場合は、問い合わせが無かったか、或いは、やる気が無いかのいずれかと見た方が良いでしょう。

一見サラリとかわしたように感じる「ぼちぼち」。

ところが、使う場面によっては、その中身がハッキリ見えます。

相槌程度で済む場面では「流れと抑揚」

回答を求める場面では「逃げ」

たかが「ぼちぼち」ですが、されど「ぼちぼち」。

不動産業者とのやり取りで、この言葉が出てきたらだいたい要注意です!

そういう時は、具体的(できれば数値)な内容で答えてもらうよう、要求しましょう。

この記事を書いた人
薙野 秀貴 ナギノ ヒデキ
薙野 秀貴
お釈迦様の有名なエピソードですが、ある日弟子が「良き友を得ることが聖なる道の半ばだと思えるのですが?」と訪ねたのに対し、お釈迦様は「道半ばではない、聖なる道の全てだ」と答えたそうです。ここで言う「良き友」とは、人生上で起こる様々な苦しみや悩みから解放してくれ、同時に学びや喜びを共感してくれ幸せを気づかせてくれる存在です。それは時に上司だったり部下だったり、先生だったり師匠だったり、旦那さんや奥さんであったりするかもしれません。それをお釈迦様は人生で最も尊重しうる「友」としたのですね。 インターネットやSNSの浸透で、より早く、より膨大な量の情報、そして人へのアクセスが可能になりました。 その中から種々選択する毎日に追われ、現代は、情報化社会から選択社会になったかのように感じてしまいます。 令和が始まったそんな時代、我々も不動産という仕事を通じて、皆様にとっての「良き友」に少しでも近づくことができるよう、努力して参りたいと思っております。
arrow_upward