令和地建株式会社
9:00-18:00
年中無休
2020年07月11日
本日のコラム

「絵に描いた」政策

進むスマートシティー化

今日、宗像市〜福津市は、久しぶりに雨の少ない一日となりそうです。

雨とウイルスを、ここまで警戒する日が来るとは、ちょっと前まで想像もできませんでしたが、外ではマスクをすることが日常のようになって来ました。

「アフターコロナを考える」「アフターコロナを占う」でも書きましたが、世界的にメディアが一斉に同じことを報道し、同じように「マスク」や「ソーシャルディスタンス」、「Stay Home」という、同じキーワードをソフト・ハード両面から人々に推し進める文脈を見ていると、やはり間違い無いのは、

スマートシティー化を勧めている

のではないでしょうか。

スマートシティーとは、

都市の抱える諸課題に対して、ICT等の新技術を活用しつつ、マネジメント(計画、整備、管理・運営等)が行われ、全体最適化が図られる持続可能な都市または地区
(国土交通省)

のことです。他にも定義は色々あるのですが、共通しているのは、

「各種データやICT技術を用いた、持続可能な都市づくり」

という点です。

ちなみにICTとは、

通信技術を使って、人と人、人とインターネットが繋がる技術。
メール、チャット、SNSの活用、通信販売、ネット検索など。

です。

今まさにそれらがこれまで以上にフル活用され、オンライン〇〇などが推し進めらえております。
それが、「誰か」の陰謀か、自然現象が引き起こした「自然の法則」なのかは分かりませんが、現実に起こっている問題として、

◆都市部への一極集中

・住みづらさ

・犯罪の増加

・大気汚染

◆人口減(日本の場合)

・労働力不足

・経済成長の鈍化

止めようにも止められない、この2つに関して「スマートシティー化」に大きな期待が寄せられていることは、間違いなさそうです。

近年の日本パターン

この「スマートシティー」構想、実は昨年6月、「統合イノベーション戦略2019」という形で、その課題や取り組みについて閣議決定しております。

大きな柱は、

スマートシティ推進体制の決定

データ利活用型スマートシティ推進事業の支援

スマートシティ官民連携プラットフォームの発足

の3つです。

これらについて、政府と各省庁、自治体が連携して、AIやIOTの技術を使い進めていこうというものです。
何か「新型コロナ」の到来を予言してたかのような「読みの鋭さ」でございますが、このような「技術革新を民間に落とし込む政策の推進」は、一定の効果はあると思います。

ただ、政官財の癒着や金が優先され、公の利益を後回しにするようなことをしていると、絵に描いた餅のようになるでしょうね。

「接触確認アプリ」の失敗

人は経済合理的な行動ばかりをするものではなりません。

例えば、不要な高いものをつい買ってしまったり、「読まない本や続かないダイエット器具」を買って満足したり。

厚生労働省の「新型コロナウイルス接触確認アプリ」、感染している人の登録が3人だそうです。

数日前でしたので、今は5人ぐらいにはなってるかもしれませんが。

このアプリのニュースを見た瞬間から、

誰がわざわざ自分の感染を公表するんだろう

と思ってましたが、やはりそうでしたね。

理想を言えば、今日、何人と接触したかが分かれば、予防の自覚や行動の抑制ができ、感染拡大予防に効果がある、ということでしょうが、その前提が、

感染した人が登録しなければ機能しない

ことでしょう。

誰が発明したものか分かりませんが(確かどこかのアプリ開発者だった気が)、それを国が買い、大手が間に入ってアプリ化し、税金や「クニノシャッキン」が相当使われたのでしょう。

ただこれも、時間をかけて万が一にも登録者数が実際の数の8割程度まで増えるようなことがあれば、多少の効果は見込まれるかもしれません。

スマホの「ながら運転」取り締まりでも

私は近年、道路交通法の世紀の大失敗は、「スマホの取り締まり」だと思ってます。

正確に言うと、それを「取り締まる方法」の方ですが、なぜかというと「取り締まること自体が目的化してしまってるから」です。

携帯電話を禁止されて、イヤホンが売れただけです。

イヤホンは両耳つけることは禁止されてますが、警察が外から見て、両耳か片耳かなんて分かりません。

また、「2秒以上触ってはダメ」というのもありますが、誰が2秒測るのでしょう。

それでも「携帯電話使用中の事故が多い」という理由があったから、「それを禁止しよう」という目的ばかりが先行して、肝心の「事故を減らす」という目的が達成されてません。

ただ「通話中の事故」は減っています。

また、何もやらなければ、もっと事故件数が増えていたでしょう。

罰則も今月から強化され、「自ら自制する意識」が高まれば、現実減っていくと思います。

極端な話ですが、飲酒運転の罰則と同じで、人は「罰則で強制されるまで好き放題動く」ものなのです。

理想だけを掲げてそれが目的化してしまうと、絵に描いた餅になってしまいます。

一貫性を持たせることの意味

注意喚起してもそれほど効果はなく、結局は「強制」されなければ変化が起こらない、というのは、大衆心理の悲しいところではありますが、「スマートシティ構想」も、「新型コロナ」と「自然災害」という「2つの強制力」により強引に前に進む可能性があります。

以前の記事で、アフターコロナでの地方分散についても軽く取り上げてますが、地方へ分散させたければ、強制力しかありません。

例えば、

大企業の工場を海外から引き上げさせ、強引に日本全国の田舎へ移転させる

とか、

住民税や法人所得税に差を付ける

などです。

放っておけば、今のように、

中途半端に田舎に人が散らばりつつも、都心部への一極集中が進む

その結果、

スマートシティ化がなかなか進まない

ことにもなりかねません。

「絵に描いた政策」には一貫性がないといけませんね。何事においても。

 

 

この記事を書いた人
薙野 秀貴 ナギノ ヒデキ
薙野 秀貴
お釈迦様の有名なエピソードですが、ある日弟子が「良き友を得ることが聖なる道の半ばだと思えるのですが?」と訪ねたのに対し、お釈迦様は「道半ばではない、聖なる道の全てだ」と答えたそうです。ここで言う「良き友」とは、人生上で起こる様々な苦しみや悩みから解放してくれ、同時に学びや喜びを共感してくれ幸せを気づかせてくれる存在です。それは時に上司だったり部下だったり、先生だったり師匠だったり、旦那さんや奥さんであったりするかもしれません。それをお釈迦様は人生で最も尊重しうる「友」としたのですね。 インターネットやSNSの浸透で、より早く、より膨大な量の情報、そして人へのアクセスが可能になりました。 その中から種々選択する毎日に追われ、現代は、情報化社会から選択社会になったかのように感じてしまいます。 令和が始まったそんな時代、我々も不動産という仕事を通じて、皆様にとっての「良き友」に少しでも近づくことができるよう、努力して参りたいと思っております。
arrow_upward