令和地建株式会社
9:00-18:00
年中無休
2020年02月04日
政治・経済・社会・心理学その他

宗像市の人口について

令和2年、最新の調査で宗像市の人口は97,075人。近年はずっと増えていたのですが、いよいよ来年から人口減になるようです。

2003年に玄海町が合併したことなどの影響もあるようで、実際のところはもう少し前から減少傾向にあったかもしれません。

そういえば似たようなことは国の賃金統計でもありました(要は給料の安い企業と高い企業を入れ替えて、実質賃金上がりましたー!ってやつです)。

「数字は嘘をつかないが、嘘をつく人は数字を使う」と言いますが、宗像市の人口減に関しては、嘘ではないようです。

こういった調査結果を見ていると、なぜか焦りのようなものを感じてしまうのですが、日本の人口自体、実は戦後ずっと人口過密状態が続いておりまして、国土面積あたりの人口をドイツの基準に直すと、日本の人口は4千万人ぐらいまで減ってしまうそうです。

日本は脊梁山脈が多いので、「実際に人が住める土地」自体が狭いんですね。

ちなみに人口増で有名な「新宮町」も来年以降は減少傾向のようです。

 

 

 

高齢化の割合は!?

もちろん増えます。

2045年ごろには10人に3人が高齢者(満65歳以上)。

こちらは全国平均とほぼ同じ割合だそうです。

ただ、65歳以上の方でも今時のお若い方よりよく動かれる方が多いので、「高齢者」というのも少し違和感があるような気もしますが、あくまでもこれは統計上の線引きということでご理解ください。

ちなみに世界で見ると、日本がダントツの1位。

ただ、今後は韓国に抜かれるようです。

個人的には高齢化や人口減より、肥大化した行政機関の方が心配ではありますが、そのお話はまた次回以降で。

まずは一人一人ができることを少しずつでもやるしかありません。

宗像市では

・子育て世代及び新婚世代家賃補助制度

・中古住宅購入補助制度

・古屋購入建替え補助制度

・三世代同居・近居住宅支援制度

・定住奨励金

このようなもので積極的な対応をとっております。こちらも次回以降で詳しく解説していきます。

 

この記事を書いた人
薙野 秀貴 ナギノ ヒデキ
薙野 秀貴
お釈迦様の有名なエピソードですが、ある日弟子が「良き友を得ることが聖なる道の半ばだと思えるのですが?」と訪ねたのに対し、お釈迦様は「道半ばではない、聖なる道の全てだ」と答えたそうです。ここで言う「良き友」とは、人生上で起こる様々な苦しみや悩みから解放してくれ、同時に学びや喜びを共感してくれ幸せを気づかせてくれる存在です。それは時に上司だったり部下だったり、先生だったり師匠だったり、旦那さんや奥さんであったりするかもしれません。それをお釈迦様は人生で最も尊重しうる「友」としたのですね。 インターネットやSNSの浸透で、より早く、より膨大な量の情報、そして人へのアクセスが可能になりました。 その中から種々選択する毎日に追われ、現代は、情報化社会から選択社会になったかのように感じてしまいます。 令和が始まったそんな時代、我々も不動産という仕事を通じて、皆様にとっての「良き友」に少しでも近づくことができるよう、努力して参りたいと思っております。
arrow_upward