令和地建株式会社
9:00-18:00
年中無休
2020年06月19日
本日のコラム

意識の集合体

上の画像がどのように見えたでしょうか。

頂上に到達して気持ち良い景色を見ている

これまで登ってきた「道のり」を見て悦に浸っている

まだまだ頂上までの行く末が実感できず、永遠の時を感じている

半ズボンが寒くて後悔している

如何様にも見えますし、正解はありません。

 

二つの大きな町に挟まれたオアシスに、一人の老人が座っていた。

通りかかった男が老人に尋ねた。

「これから隣の町に行くのですが、この先の町はどんな町ですか?」

老人はこれに答えずに聞いた。

「今までいた町は、お前にとってどんな町だった?」

男はしかめっ面をして言う。

「タチの悪い人間が多くて、汚い町ですよ。だから隣の町に行ってみようと思ったんです。」

老人はこう答えた。

「お前がそう思っているなら、隣の町も、タチの悪い人間が多い、汚い町だろうよ」

 

しばらくすると、さっきの男が来たのと同じ町から、別の男がやって来た。

その男はさっきの男と同じように老人に尋ねた。

「これから隣の町に行くのですが、この先の町はどんな町ですか?」

老人はこれに答えずに聞いた。

「今までいた町は、お前にとってどんな町だった?」

男はにこやかに答えた。

「親切な人が多くて、きれいな町です。」

老人はこれを聞いてこう言った。

「なるほど、お前がそう思うなら、隣の町も親切な人が多い、きれいな町だよ」

 

これは、「オアシスの老人」という有名な寓話です。

例えば、とても嫌なことがあると、「世の中の全てが嫌なものだ」という視点になり、そこらを歩いてる人までも意地悪で邪悪なもの、目に入ってくる店や車、野良猫まで全てが「嫌なもの」に見えてきます。

関係ないのに。

反対に、とても嬉しいことがあると、「世の中全てが良いものだ」という視点になり、みんなが親切で笑顔に見え、腕に止まった蚊でさえ殺すのをためらい、隣の家の雑草まで刈ってあげようか、という仏のような気分になることさえあります。

「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」

という言葉もあるように、見えてる視界は心の眼。「他者というのは自己の対立概念」という見方をすれば、心の持ち方で意識は決まるので、世の中の見え方はその意識の数だけ存在するのです。

「物事を見る姿勢や態度、立場」のことを視座と言いますが、何事も見方によって見え方が変わります。見る位置や角度、捉え方によって、その後の未来(推測)までもが変わります。

そう考えると、「今の心の持ち方が将来を決めている」ということになります。

心の持ち方は無限にありますので、未来も無限の可能性があります。人の心の持ち方は、1秒で変わります。なので未来も1秒で変わり得ます。ところが厄介なのは、「人の心は意識の結果」なのですね。

1秒で変わるが、1秒で変えられるものではないんです。あくまでも結果なので。その結果を想定することはできません。例えば、

これをやれば楽しい

と思ってした行動が、結果、

あまり楽しくなかった

という経験はありませんか?
反対に、期待してなかったのに

思いもよらず楽しかったり嬉しかったり、気分が良くなる

こともよくあるかと思います。
結局は「意識の集合体が結果として現実を想定するのですから、座右の銘、

一喜一憂しないこと  人間万事塞翁が馬

なのであります。

今日も頑張りましょう。前向きに。

この記事を書いた人
薙野 秀貴 ナギノ ヒデキ
薙野 秀貴
お釈迦様の有名なエピソードですが、ある日弟子が「良き友を得ることが聖なる道の半ばだと思えるのですが?」と訪ねたのに対し、お釈迦様は「道半ばではない、聖なる道の全てだ」と答えたそうです。ここで言う「良き友」とは、人生上で起こる様々な苦しみや悩みから解放してくれ、同時に学びや喜びを共感してくれ幸せを気づかせてくれる存在です。それは時に上司だったり部下だったり、先生だったり師匠だったり、旦那さんや奥さんであったりするかもしれません。それをお釈迦様は人生で最も尊重しうる「友」としたのですね。 インターネットやSNSの浸透で、より早く、より膨大な量の情報、そして人へのアクセスが可能になりました。 その中から種々選択する毎日に追われ、現代は、情報化社会から選択社会になったかのように感じてしまいます。 令和が始まったそんな時代、我々も不動産という仕事を通じて、皆様にとっての「良き友」に少しでも近づくことができるよう、努力して参りたいと思っております。
arrow_upward