令和地建株式会社
9:00-18:00
年中無休
2020年06月09日
本日のコラム

時間を奪う電話の正体

最近、インターネット上で様々な申し込みや契約、解約ができるようになったのはいいのですが、非対面も増えそれで便利になった分、

電話が全く繋がらない

と思いませんか!?

申し込みや契約はとてもスムーズにいきますが、質問や混み入った相談などがある場合、インターネット上のメールでは説明が難しい場合や急ぐ場合、どうしても電話に頼らざるを得ない時があります。

ただ、電話しても出ない…(*_*)

その間は別の用事も滞ったり後回しになって、結局用事が片付かない、なんてことも多くなったような気がします。

 

先日、とある用事がありAppleストアに電話したのですが、当然、電話は混み合ってたのですが、

「お客様の前に○○名がお待ちになっております」

とアナウンスが。

これ、革新的ですよね。さすがApple!

おおよその目安もわかりますし、今やるべきことの優先順位も付けやすくなるので、時間を無駄にしません。

先日の記事でも書きましたが、便利さとは「効率化して別の何かをやるための時間を作ること」

この機能があるだけで、「電話をした側」は時間の使い方に選択肢ができます。

そのまま切るか、待つか、待ちながら別の作業に取り掛かるか、こちら側で判断ができます。

これがホリエモンさんもよく仰ってますが、「他人の時間を奪わない」サービスだと思いますね。

そもそもサービスが他人の時間を奪ってはいけないのですが。

ましてやその後の対応で、余計に面倒になったり、問題が大きくなったりするようでは、もはやサービスとは言えません。

よくありがちな、

散々待たされた挙句、やっと出た人があまり詳しくない

部署が違うと言われ、別の番号にかけるよう促される

そして、解約の申し出をすると、だいたい不貞腐れる

お心当たり、ありませんか?

Appleで電話に出られるスタッフは、ご存知だと思いますが、何を聞いても答えてくれます。

「分かりません」と言われることもなく、絶対に問題を解決してくれます。

これが、世界を席巻してるグローバル企業の力なのでしょうか。

私が電話をして電話に出たAppleの方は、カタコトでしたので、おそらく中国か韓国の方でした。とても丁寧で回答も早く、電話は2分で終わりました。

まるで、席について適当なタイミングで出てくる美味しいラーメンのように。
いくら美味しいラーメンでも、40分待たされたら美味しく感じないでしょう。

サービス=時間と知識です。日本は明らかに遅れているように最近感じます。
あるいは、インターネットなどによる便利さに日本のインフラが、ハード面でもソフト面でも追いついていないのかもしれません。

何れにしても、これは政府のせいにしても仕方がありません。努力不足と勉強不足です。

コロナ騒動下で起きた自粛警察や民間企業と政府の癒着、中抜き問題。

日本人は真面目で誠実で…と言う声もよく聞きますが、「真面目で誠実」であることに、国籍は関係ないように思います。

元々は多少そういった面もあったのかもしれませんが、それ自体がどんなもんだったかさえ、忘れてしまいました。

自分自身がそうならないよう、気をつけたいと思います(`_´)ゞ

この記事を書いた人
薙野 秀貴 ナギノ ヒデキ
薙野 秀貴
お釈迦様の有名なエピソードですが、ある日弟子が「良き友を得ることが聖なる道の半ばだと思えるのですが?」と訪ねたのに対し、お釈迦様は「道半ばではない、聖なる道の全てだ」と答えたそうです。ここで言う「良き友」とは、人生上で起こる様々な苦しみや悩みから解放してくれ、同時に学びや喜びを共感してくれ幸せを気づかせてくれる存在です。それは時に上司だったり部下だったり、先生だったり師匠だったり、旦那さんや奥さんであったりするかもしれません。それをお釈迦様は人生で最も尊重しうる「友」としたのですね。 インターネットやSNSの浸透で、より早く、より膨大な量の情報、そして人へのアクセスが可能になりました。 その中から種々選択する毎日に追われ、現代は、情報化社会から選択社会になったかのように感じてしまいます。 令和が始まったそんな時代、我々も不動産という仕事を通じて、皆様にとっての「良き友」に少しでも近づくことができるよう、努力して参りたいと思っております。
arrow_upward