令和地建株式会社
9:00-18:00
年中無休
2020年06月07日
本日のコラム

悪徳業者にご注意を!

石油給湯機に、勝手に点検業者のシールが張られていた!

石油給湯機が故障した。いつの間にかメンテナンス業者のシールが張られていたので、電話して来てもらったが、状況も聞かず、点検もせずに、これはもう駄目だからと電気のタイプに替えるよう勧めてきた。言われるがままに約66万円で電気温水器を設置する契約をしてしまったが、冷静になって考えてみると、設置業者でもない業者のシールが張られていたことも不審だ。(60歳代 男性)ー独立行政法人 国民生活センターー

勝手に給湯器のボイラーにシールを貼って、業者を装って訪問、あるいは電話をかけてきて、ボイラーの交換や修理を勧めてくるという手口です。

上記は平成22年に実際にあった事件ですが、最近でも「西日本ボイラシステム」という会社でこのようなことがあったようです。

不動産業の仕事をしていて、びっくりすることの一つに、

意外と玄関のドアが開いている

とか、

敷地が無法図に開放的されてる

という点です。日本の家屋の敷地は密集した住宅街では狭い場合が多く、特に隣地の間が詰まっていることが多いので、他人が侵入した場合、死角に入りやすくなるという点が問題になります。

例えばアメリカの住宅街の敷地は、平均で100坪ぐらいと言われてますが、日本でいう宗像市や福津市のような郊外だと、平均で200坪以上あります。

それも1軒だけではなく横縦に連なっており、その一つ一つの敷地にガレージと家が建っており、だいたい地下室があります。

庭は芝生が主体で、あまり余計なものを置かないの見晴らしも良く、他人が敷地内に入ってくると目立つのなんの。

ちなみに塀もありません。たまに柵は見かけますが、アメリカの場合、境界は国が決めますので、隣地との揉め事もありません。実に開放的です。

とはいえ、悪いことをする人は、目立とうが目立つまいが関係ないのですが、日本と大きく違う点は、

自分の身は自分で守る

意識が強い点です。

日本は、良くも悪くも横並び。右へ倣えで落ち着く文化(なんかの歌詞にありましたね)。

そのコミュニティ力で、地域が一帯となって防犯しようという考え方ですが、悪い言い方をすれば、騙されるときはみんな一緒に騙されてしまう、という恐れがありますね。

この「西日本ボイラシステム」という架空の会社、実際に同じ名前の会社があるのかもしれませんが、少なくとも、今自分が電気、ガス、水道(井戸の場合)、インターネット系、電話など、どのような会社と契約しているか、今一度はっきり家族内で周知しておいた方が良さそうですね。

思いもよらないところと契約してて引き落としがされていたり、ということもあるかもしれませんので。

何でもかんでも民営化すると、良くなる面もありますが、悪徳を考える人が必ず出てきます。

水道の民営化も囁かれておりますが、そもそも「ライフラインは公営」が原則ではないでしょうかね。

サービスが低下すれば元も子もないですが、宗像市や福津市で、公共サービスの水道を不便と感じたことはあるでしょうか。私は今のところありませんが、これは「宗像地区事務組合」という、地方公共団体の組合が管理・運営しております。

これが完全なる民間企業になるとどうなるか。

最近では電気会社の民営化がそうですが、

訳のわからない営業電話

が増えたと思いませんか?過当競争になるので当然です。

そこで何かにサインさせられて、いつの間にか銀行から引き落とし。

蓋を開けてみれば、私の大嫌いな「○年間のリース契約」。これ、最悪です。

一旦契約すれば、その会社には契約した○年間、放っておいてもずーっとお金が入ってくる仕組みです。

もちろん、複合機などのように、

メンテナンス等で、そのようにしなければ都合が悪い

という業種や機械もありますが、放ったらかしにされる場合も、少なくありません。

(個人的には、Wi-Fiの○年縛りというのも、消費者契約法に抵触してるのではと思ってますが…)

今時、簡単に会社は作ることができます。

民営化や規制緩和も、政府は影でこそこそ進めてます。

(最近では種苗法など→種苗法改正の何が問題なのか 種苗法って何?  種子の知的財産権と農民の種子への権利

本記事は、たまたまTwitterからの情報ではありますが、実は10年以上も前からこのボイラー詐欺は起こっているそうで、未だに止まらない「オレオレ詐欺」同様、ご本人様はもとより、ご家族の方も含め、今一度十分にご注意なさってください。

 

 

この記事を書いた人
薙野 秀貴 ナギノ ヒデキ
薙野 秀貴
お釈迦様の有名なエピソードですが、ある日弟子が「良き友を得ることが聖なる道の半ばだと思えるのですが?」と訪ねたのに対し、お釈迦様は「道半ばではない、聖なる道の全てだ」と答えたそうです。ここで言う「良き友」とは、人生上で起こる様々な苦しみや悩みから解放してくれ、同時に学びや喜びを共感してくれ幸せを気づかせてくれる存在です。それは時に上司だったり部下だったり、先生だったり師匠だったり、旦那さんや奥さんであったりするかもしれません。それをお釈迦様は人生で最も尊重しうる「友」としたのですね。 インターネットやSNSの浸透で、より早く、より膨大な量の情報、そして人へのアクセスが可能になりました。 その中から種々選択する毎日に追われ、現代は、情報化社会から選択社会になったかのように感じてしまいます。 令和が始まったそんな時代、我々も不動産という仕事を通じて、皆様にとっての「良き友」に少しでも近づくことができるよう、努力して参りたいと思っております。
arrow_upward