令和地建株式会社
9:00-18:00
年中無休
2020年05月24日
政治・経済・社会・心理学その他

エスカレーターの「同調」心理

普段何気なく乗るエスカレーターですが、急いでる方を通すために右に立つか左に立つかは、地域によって異なります。

というか、大阪だけがなぜか右立ち(右側に立って左側で通す)なのは、ご存知の方も多いかと思います。

細く言えば、兵庫県の姫路市も基本は右立ちだそうで、京都になると、右立ちと左立ちが混同しているそうです。

世界で言うと、

韓国は、主には右立ちだが混同もある

台湾は、台北は右立ちだが、台中になるとどちらでもOK

中国は、基本は右立ちだが、混み過ぎてバラバラになる

アメリカやカナダは、基本は右立ち

ノルウェーやチェコは、ノールール

だそうです。

エスカレーターに乗ってる間は危険なので「立ったまま」が基本であることは言うまでもありませんが、人の集団心理が地域や国によっても異なり、それが受け継がれていってるのは面白いお話しです。

日本では東京の左立ちがルーツで、そこから関西以外の都市に広がったそうですが、世界では、米国、英国、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ハンガリー、中国、台湾、韓国、香港 が右立ち。左立ちは、シンガポール、オーストラリア、ニュージーランドぐらいだそうです。

大阪でも「阪急梅田駅」で

「右側に立って、急いでる方は左側に通してくだい」

という内容の駅内放送があったらしく、それがこれまで受け継がれてきたようです

なぜこのようは差があるのかは、論文が出てるほど諸説あるのですが、一般的には道路の交通を似せたのではないかと言われてます。

日本の道路では、「追い越しは右側から」が道路交通法上のルールです。

左側追い越しは禁止されており、「通行帯違反」で罰金も取られます。

なので、原則「左側に立ち、急いでる人は右側を歩いて通る」が浸透したと言われてますが、大阪ではそれが通じません。

同じく、英国と香港も、「車は左側通行だが、エスカレーターは右立ち」という逆転現象が起きてます。

香港は「英国の影響を受けた」で説明がつきますが、英国は「エスカレーターの構造」など諸説あるようです。

さて、このような「エスカレーターでどちら側かに寄って立つ心理」は、もちろん人間独特のものでありますが、人間は集団の中では、その集団の中でしか通用しない「暗黙のルール」が出来上がることが知られてます。

例えば、「Newton  ゼロからわかる心理学」によれば、

子供が遊びから家に帰る時間

です。学校の友達や近所の友達同士で楽しく遊んでいても、だいたい決まった時間になると、誰かが言い出すわけでもなく、みんな家に帰ろうとし、それに自分も合わせます。

これが「同調」と呼ばれる現象です。

同調とは、周りの人たちの行動や考えを良いもののようだと受け入れて、本来の自分の行動や考えを、周りの人たちと同じように合わせる現象です。

「コロナウイルス騒動」で起こっている「自粛警察」もこれの一種ではないかと思います。

「大勢がやるから、それが正義」

だと思い込み、その正義を、「少数のやってない人」に押し付ける。

おそらく、自分は「正義を貫いた」と思い込んでるのでしょう。

福岡県ではエスカレーターはもちろん左立ちです

それが、右側に立っていると、

「あ、この人間違ってる」

と一瞬感じてしまったのであれば、同調バイアスがかかってます。

本来、どちら側に立とうが、「決まりごとは無い」はずだからです。

それでもつい、「大勢の人がやってることは正しいこと」だと思ってしまいますよね。

営業マンのセールスなどでも、A商品とB商品で迷ってる際、

「A商品を選ばれている方がほとんどです」

と言われてると、A商品を選ぶのが正しいかのような錯覚をしてしまいます。

実際、それが事実であるか、根拠や購入層のデータも調べもせずに

とても不思議な同調バイアス。

これが同調圧力にも繋がっていき、「自粛警察」を生み出し、少数派の社会的排除が作れらる危険性を孕みます。

そんな不思議な人間が作る社会自体、疑って見る目も時には必要かもしれません。

この記事を書いた人
薙野 秀貴 ナギノ ヒデキ
薙野 秀貴
お釈迦様の有名なエピソードですが、ある日弟子が「良き友を得ることが聖なる道の半ばだと思えるのですが?」と訪ねたのに対し、お釈迦様は「道半ばではない、聖なる道の全てだ」と答えたそうです。ここで言う「良き友」とは、人生上で起こる様々な苦しみや悩みから解放してくれ、同時に学びや喜びを共感してくれ幸せを気づかせてくれる存在です。それは時に上司だったり部下だったり、先生だったり師匠だったり、旦那さんや奥さんであったりするかもしれません。それをお釈迦様は人生で最も尊重しうる「友」としたのですね。 インターネットやSNSの浸透で、より早く、より膨大な量の情報、そして人へのアクセスが可能になりました。 その中から種々選択する毎日に追われ、現代は、情報化社会から選択社会になったかのように感じてしまいます。 令和が始まったそんな時代、我々も不動産という仕事を通じて、皆様にとっての「良き友」に少しでも近づくことができるよう、努力して参りたいと思っております。
arrow_upward