令和地建株式会社
9:00-18:00
年中無休
2020年05月16日
本日のコラム

災いを転じて…

緊急事態宣言が緩和されて最初の週末ですが、今日はあいにく午前中からひどい雨でした。

雨で思い出すので大雨による災害ですが、線状降水帯ができて「一時避難」などになれば、それこそ3密ですからね。

ただ、この度の騒動でテレワークや、飲食店であればテイクアウトの要領なども得た方、多いと思いますので、災いが転じた結果、となれば良いのですが。

韓国のように、よほどの母数で、よほどの密が形成されない限りは、クラスターが発生することは当面考えられないので、「新しい生活様式」なども参考に、早く通常の生活に戻っていきたいですね。

そんな中、イオンモール福津も徐々に営業再開するようです。

まだ時間を短縮しての営業再開のようですが、TOHOシネマズはどうなんでしょうか。

私としては利用頻度が高いのでこちらを早く再開して欲しいのですが、まだ情報がありませんでした。

福岡県内でも「ナイトクラブやバー、スポーツジムなどの特定業種」は解除の対象外ということで、映画館も含まれるのでしょうかね。

そろそろ再開だと思うのですが、「新しい生活」では、なるだけ自宅でNetflixを利用するよう、要請されるのでしょうか。

また、再度感染が増えてきた場合、あまり考えたくもないですが、

1)1日当たりの新規感染者数(3日間の平均)が3日連続で8人以上

2)直近3日間の感染経路不明が50%以上

3)病床稼働率が50%以上

4)重症病床稼働率が50%以上

こういった条件が揃うと、再び休業要請だそうです。

まだ当分は気をつけないといけなそうですね。

とは言え、解除された業種にとっては明るいニュースなので、前向きに捉えましょう。

短縮営業の要請も解除されたとのことで、目一杯、営業してもらいたいものです!

家賃の補助も

休業を要請している業種についても、家賃支援の制度があるようです。

家賃の8割で上限が50万円まで

とのことで、提出書類も若干多いようですが、持続化給付金などで揃えた書類を使えば、オンラインでの申請もできますので、一応リンクを貼っておきます。

個人店〜中小の店舗まで対象になってます。

こちら、申請期間は6月30日までです。

嫌な予感がしなくもないですが

ここ1週間ほど、福岡県内での新規感染者は0〜1名だそうです。

当分の間はみんなでこの数字を追いかけていくようにすれば、意識が緩むこともないでしょうけど、無症状感染者が一定数は必ずいますので、キリがないような気がしないでもなす。

あと、一つ怖いのは、

この「解除」が、外国人受け入れのため

ではなかったのか、という点です。

インバウンド需要に頼る政策を長いことやってきたので、どうもその心配が拭いきれません。

外国人から見ても、日本での感染が広がってないのは十分知り得た情報なので、またそこから感染が広がるようなことがあれば、もうたまったもんじゃありません><

別の記事でも書いてますが、いい加減、内需拡大に舵を切り、安全保障対策を自国で賄えるよう、政策の転換をして欲しいものです。

産業構造の変換は、必ず起こってくると思います。

それは陰謀などではなく、歴史の必然として。

資本主義経済が限界点まで来てたので、逆に、自ら変わらなければいけなかったのですが、それができずにいた(過去の場合は戦争などでちゃぶ台返しだったのですが)ところに、このウイルス。

ダメージを受けた方たくさんいらっしゃいますが、是非、災いを転じる思考を持ちましょう。

チャンスはまだまだありますので。

この記事を書いた人
薙野 秀貴 ナギノ ヒデキ
薙野 秀貴
お釈迦様の有名なエピソードですが、ある日弟子が「良き友を得ることが聖なる道の半ばだと思えるのですが?」と訪ねたのに対し、お釈迦様は「道半ばではない、聖なる道の全てだ」と答えたそうです。ここで言う「良き友」とは、人生上で起こる様々な苦しみや悩みから解放してくれ、同時に学びや喜びを共感してくれ幸せを気づかせてくれる存在です。それは時に上司だったり部下だったり、先生だったり師匠だったり、旦那さんや奥さんであったりするかもしれません。それをお釈迦様は人生で最も尊重しうる「友」としたのですね。 インターネットやSNSの浸透で、より早く、より膨大な量の情報、そして人へのアクセスが可能になりました。 その中から種々選択する毎日に追われ、現代は、情報化社会から選択社会になったかのように感じてしまいます。 令和が始まったそんな時代、我々も不動産という仕事を通じて、皆様にとっての「良き友」に少しでも近づくことができるよう、努力して参りたいと思っております。
arrow_upward