2022-02-01

旧暦「大寒」を過ぎてもまだまだ寒い日が続いております。とはいえ日中の最高気温は10度前後という、割と過ごしやすい北部九州地方ですが、今日は特に北寄りの風が寒いですね><;
海温の方は現在13℃前後。例年10〜11℃ぐらいまで下がってきますので、もう少し冷たくなってきそうです。
そんな宗像市近辺の天候ですが、現在、海ではブリが好釣のようです♪( ´θ`)ノ

左の2匹がブリ、右端はヒラマサでございます。この辺り、海で釣りをする方なら誰もが釣りたい代表的な青物魚なんです。通常、海温が16℃を下回ると日本海から下ってしまうと言われており、宗像近海でも例年は12頃まで。1月を過ぎるとなかなか釣れなくなるのですが、今年は結構釣れております。写真は磯からルアーで釣ったものですが、他にアジなどを釣ってそれをエサに釣る「泳がせ釣り」と言われるものや、船から同じように下に落とし込んで釣る「落とし込み」などがあります。
私はルアーにこだわりたいタイプなのですが、何せ生活がかかってる時もありますので、本当に釣りたい時は「泳がせ釣り」で狙ったりもしますm(_ _)m
ルアーはなかなか釣るのが難しいのですが、この魚たちは基本、回遊魚なので、回遊に当たった時は結構本数釣れたりもするんです。朝や夕方の、少しの時間だけで釣るような釣り方ではなかなかその時間にHITすることが無いんですが、先日は、宗像市大島の磯へ、瀬渡し船で行って参りました。

なかなか雄大な景色です(^。^)最近コロナ禍もあって、アウトドアが流行ってるそうですが、休日ということもあり、船には20人ぐらいのお客さんが乗船されておりました。人ぞれぞれ色んな釣り方をされるので、ある程度同じ釣り方の人をまとめて、磯に降ろしてくれます。時間はだいたい早朝から昼過ぎまで釣らせてもらえるので、割とゆっくり、回遊を待ちながら釣ることができます。
大島への瀬渡し船は、神湊渡船ターミナルから出ております。

<神湊渡船ターミナル>
とはいえ、全く回遊が無い時もザラにありますので、こればかりは運としか言いようがありません。この釣りの奥義はズバリ、釣れない時でも楽しむこと、では無いでしょうか(T . T)笑魚の回遊ばかりは分からないですからね。信じて投げ続ければ、たまには良いこともあるんです^ ^
というわけで、この日はたまたまよくHITしてくれました

結構デカいですが、これでもまだ小さい方(83cmほど)で。

大きいのは1メートルを優に超えるようなものも釣れたりします。

今年は珍しく2月に入っても釣れそうな気配がありますので、お時間のある方は是非♪( ´θ`)ノ

瀬渡し船の予約方法や準備するものなど、ご質問がありましたらお気軽に下記からどうぞ!!

釣りに関するお問い合わせはこちら

Fudousan Plugin Ver.5.9.0